ニュース

北欧映画の現在を体感する7日間、安部公房原作のスウェーデン映画など14作品上映

北欧映画の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』が、2月11日から2月17日までの7日間にわたって東京・渋谷のユーロスペースとアップリンクファクトリーで開催される。

2回目の開催となる同映画祭は、「北欧映画」というジャンルの確立を目指し、北欧の映画作家たちによる作品の数々を紹介。今回は日本未公の開作品やDVD化されていない作品など、全14作品を上映する。

上映プログラムは、アイスランドを代表する映画監督の1人であるフリドリック・トール・フリドリクソンの特集上映をはじめ、ラース・フォン・トリアーによる長編デビュー作『エレメント・オブ・クライム』や、「ドグマ95」の初作品『セレブレーション』など、国際的に活躍する北欧の映画作家たちの原点を探る小特集も予定されている。

また、安部公房原作によるスウェーデンと日本の合作映画『友達』が24年ぶりに発掘上映されるほか、中世魔女伝説の世界を再現して世界各国で上映禁止になった1921年の作品『魔女』や、現代美術作家オラファー・エリアソンのMoMAでの個展の様子などを追ったドキュメンタリーも上映。さらに、アイスランドの音楽イベントの模様を記録した『バックヤード』、オーレ・エクセルのアニメーション短編作品など、バラエティ豊かなラインナップになっている。

また、映画上映以外にも北欧の現在を感じられるイベントも開催。事前申込が必要なイベントもあるので、映画上映のスケジュールの詳細とあわせて同映画祭のオフィシャルサイトで確認して欲しい。

『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』

2012年2月11日(土)~2月17日(金)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース、UPLINK FACTORY

上映作品:
『マンマ・ゴーゴー』(監督:フリドリック・トール・フリドリクソン)
『春にして君を想う』(監督:フリドリック・トール・フリドリクソン)
『精霊の島』(監督:フリドリック・トール・フリドリクソン)
『エンジェル・オブ・ザ・ユニバース』(監督:フリドリック・トール・フリドリクソン)
『友達』(監督:シェル-オーケ・アンデション)
『ネクスト・ドア/隣人』(監督:ポール・シュレットアウネ)
『セレブレーション』(監督:トマス・ヴィンターベア)
『卵の番人』(監督:ベント・ハーメル)
『エレメント・オブ・クライム』(監督:ラース・フォン・トリアー)
『シンプル・シモン』(監督:アンドレアス・エーマン)
『ラップランド・オデッセイ』(監督:ドメ・カルコスキ)
『バックヤード』(監督:アルニ・スヴェインソン)
『オラファー・エリアソン スペース・イズ・プロセス』(監督:ヘンリク・ルンデ/ヤコブ・イェルゲンセン)
『魔女』(監督:ベンヤミン・クリステンセン)

料金:
前売 1回券1,300円 3回券3,600円
当日 1回券1,500円 3回券3,900円

(画像上から:『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』キービジュアル、『マンマ・ゴーゴー』、『ネクスト・ドア/隣人』、『エレメント・オブ・クライム』、『シンプル・シモン』)

『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』キービジュアル
『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』キービジュアル
『マンマ・ゴーゴー』
『マンマ・ゴーゴー』
『ネクスト・ドア/隣人』
『ネクスト・ドア/隣人』
『エレメント・オブ・クライム』
『エレメント・オブ・クライム』
『シンプル・シモン』
『シンプル・シモン』
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために