ニュース

環境とアートを融合させたデザインのアイデアたち、アートコンペ入選作品展

アートの視点で環境活動を促進する芸術作品や製品デザイン、グラフィックデザインなどを紹介する作品展『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』が、3月4日から東京・新宿のコニカミノルタプラザ ギャラリーB&Cで開催される。

同展は「環境と芸術を融合させたアイデア・デザイン」をテーマとしたアートコンペの応募作品から、書類審査で入選を果たした作品を紹介するもの。審査員には、雑誌『Pen』編集長の安藤貴之、廣田尚子(プロダクトデザイナー)、ミヤケマイ(美術家)、REBIRTH PROJECT代表の伊勢谷友介を迎えている。

展示作品は、16歳から35歳までの若手クリエーターやアーティストによって制作された『ビジュアルアーツ部門』21作品、『プロダクト&コミュニケーション部門』9作品、『next ACTION部門』9作品の計39作品。3月20日に行われる最終審査で、グランプリをはじめとする受賞作品が決定する。なお、受賞結果はコニカミノルタプラザのUstreamチャンネルでも中継される予定だ。


『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』作品展

2012年3月4日(日)~3月22日(木)
時間:10:30~19:00(最終日は15:00まで)
会場:東京都 新宿 コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C
休館日:期間中無休
料金:無料

(画像上:『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』作品展ロゴ、画像中:『プロダクト&コミュニケーション部門』eneMAL(松田優)、画像下:『ビジュアルアーツ部門』U-S(SPLITS))

『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』作品展ロゴ
『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』作品展ロゴ
『プロダクト&コミュニケーション部門』eneMAL(松田優)
『プロダクト&コミュニケーション部門』eneMAL(松田優)
『ビジュアルアーツ部門』U-S(SPLITS)
『ビジュアルアーツ部門』U-S(SPLITS)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今