ニュース

男女逆転『大奥』続編映画の追加キャストに尾野真千子、宮藤官九郎、西田敏行ら

12月22日から公開される映画『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』の追加キャストが発表された。

『大奥』は、2004年から漫画雑誌『メロディ』で連載中のよしながふみの漫画作品。謎の疫病によって男の人口が4分の1まで激減した江戸時代を舞台に、男女の役割が逆転した大奥で渦巻く人間ドラマを描いた作品だ。同作は2010年に公開された映画『大奥』の続編となり、5代将軍・徳川綱吉の時代が描かれる。主演の堺雅人は野望を抱き大奥入りし、やがて権勢と富を手に入れていく貧乏公家・右衛門佐役、世継ぎを産む責務を背負う綱吉役を菅野美穂が演じる。

今回発表された追加キャストは、綱吉を崇拝する柳沢吉保役を演じる尾野真千子をはじめ、綱吉の正室・信平役の宮藤官九郎、綱吉の父・桂昌院役の西田敏行、綱吉の側室・伝兵衛役の要潤、同作の語り部で右衛門佐の片腕・秋本役の柄本佑。さらに、綱吉の初恋の相手・阿久里役の榎木孝明、右衛門佐の母・水無瀬権中納言氏信役の由紀さおり、綱吉に生類憐みの令の発令を薦める僧侶・隆光役の堺正章らも明らかになっている。

なお、同じ世界観のもとで3代将軍・徳川家光の時代を描くテレビドラマ『大奥~誕生~[有功・家光篇]』が、10月からTBS系で放送。こちらでも堺雅人が主演を務め、家光役を多部未華子が演じる。

『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』

2012年12月22日(土)より全国ロードショー
監督:金子文紀
脚本:神山由美子
原作:よしながふみ『大奥』(白泉社)
音楽:村松崇継
出演:
堺雅人
菅野美穂
尾野真千子
柄本佑
要潤
桐山漣
竜星涼
満島真之介
郭智博
永江祐貴
三浦貴大
市毛良枝
榎木孝明
由紀さおり
堺正章
宮藤官九郎
西田敏行
配給:松竹、アスミック・エース

(画像:©2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会)

左から時計回りに 右衛門佐役の堺雅人、徳川綱吉役の菅野美穂、秋本役の柄本佑、柳沢吉保役の尾野真千子、伝兵衛役の要潤、桂昌院役の西田敏行、御台所・信平役の宮藤官九郎 ©2012男女逆転『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会
左から時計回りに 右衛門佐役の堺雅人、徳川綱吉役の菅野美穂、秋本役の柄本佑、柳沢吉保役の尾野真千子、伝兵衛役の要潤、桂昌院役の西田敏行、御台所・信平役の宮藤官九郎 ©2012男女逆転『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像