ニュース

老舗アニメ制作会社の50年を紹介する『タツノコプロテン』、会場デザインは祖父江慎

アニメ制作会社「竜の子プロダクション」を紹介する展覧会『タツノコプロテン』が、8月8日から東京・松屋銀座8Fイベントスクエアで開催される。

1962年に創立され、今年で50周年を迎えた「タツノコプロ」こと竜の子プロダクション。動物たちが繰り広げるメルヘンタッチなアニメ『昆虫物語みなしごハッチ』や、近未来感が魅力のSF作品『科学忍者隊ガッチャマン』、タイムトラベルを題材にした冒険活劇「タイムボカンシリーズ」など、数多くの人気アニメを制作してきた。

同展では、タツノコプロが保管してきたアニメ関連資料から厳選した約300点を展示。創業者の吉田竜夫や九里一平が描いた肉筆原画をはじめ、『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』のアニメ制作に使用された設定画、『ハクション大魔王』『マッハGoGoGo』のセル原画などから、同プロダクションの作品世界を紹介する。なお、会場デザインはブックデザイナーの祖父江慎が担当する。


『50周年記念「タツノコプロテン」 TATSUNOKO PRO.EXHIBITION』

2012年8月8日(水)~8月20日(月)
会場:東京都 銀座 松屋銀座 8Fイベントスクエア
時間:10:00~20:00(入場は閉場30分前まで、最終日は17:00閉場)
料金:
当日 一般1,000円 高大生700円 
前売 一般700円 高大生400円
※中学生以下無料

(画像上から:『タツノコプロテン』メインビジュアル ©タツノコプロ、昆虫物語新みなしごハッチ ©タツノコプロ、ハクション大魔王 ©タツノコプロ、タイムボカン 王道復古 ©タツノコプロ・ビクターエンタテインメント)

『タツノコプロテン』メインビジュアル ©タツノコプロ
『タツノコプロテン』メインビジュアル ©タツノコプロ
昆虫物語新みなしごハッチ ©タツノコプロ
昆虫物語新みなしごハッチ ©タツノコプロ
ハクション大魔王 ©タツノコプロ
ハクション大魔王 ©タツノコプロ
タイムボカン 王道復古 ©タツノコプロ・ビクターエンタテインメント
タイムボカン 王道復古 ©タツノコプロ・ビクターエンタテインメント
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化