ニュース

老舗アニメ制作会社の50年を紹介する『タツノコプロテン』、会場デザインは祖父江慎

アニメ制作会社「竜の子プロダクション」を紹介する展覧会『タツノコプロテン』が、8月8日から東京・松屋銀座8Fイベントスクエアで開催される。

1962年に創立され、今年で50周年を迎えた「タツノコプロ」こと竜の子プロダクション。動物たちが繰り広げるメルヘンタッチなアニメ『昆虫物語みなしごハッチ』や、近未来感が魅力のSF作品『科学忍者隊ガッチャマン』、タイムトラベルを題材にした冒険活劇「タイムボカンシリーズ」など、数多くの人気アニメを制作してきた。

同展では、タツノコプロが保管してきたアニメ関連資料から厳選した約300点を展示。創業者の吉田竜夫や九里一平が描いた肉筆原画をはじめ、『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』のアニメ制作に使用された設定画、『ハクション大魔王』『マッハGoGoGo』のセル原画などから、同プロダクションの作品世界を紹介する。なお、会場デザインはブックデザイナーの祖父江慎が担当する。


『50周年記念「タツノコプロテン」 TATSUNOKO PRO.EXHIBITION』

2012年8月8日(水)~8月20日(月)
会場:東京都 銀座 松屋銀座 8Fイベントスクエア
時間:10:00~20:00(入場は閉場30分前まで、最終日は17:00閉場)
料金:
当日 一般1,000円 高大生700円 
前売 一般700円 高大生400円
※中学生以下無料

(画像上から:『タツノコプロテン』メインビジュアル ©タツノコプロ、昆虫物語新みなしごハッチ ©タツノコプロ、ハクション大魔王 ©タツノコプロ、タイムボカン 王道復古 ©タツノコプロ・ビクターエンタテインメント)

『タツノコプロテン』メインビジュアル ©タツノコプロ
『タツノコプロテン』メインビジュアル ©タツノコプロ
昆虫物語新みなしごハッチ ©タツノコプロ
昆虫物語新みなしごハッチ ©タツノコプロ
ハクション大魔王 ©タツノコプロ
ハクション大魔王 ©タツノコプロ
タイムボカン 王道復古 ©タツノコプロ・ビクターエンタテインメント
タイムボカン 王道復古 ©タツノコプロ・ビクターエンタテインメント
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い