ニュース

ウディ・アレンが描く軽妙かつ残酷な恋愛模様、『恋のロンドン狂騒曲』が12月に公開

ウディ・アレン監督の長編映画『恋のロンドン狂騒曲』が、12月1日から東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

2011年公開の『ミッドナイト・イン・パリ』で『第64回カンヌ国際映画祭』で脚本賞を受賞するなど、77歳を迎える現在も精力的な活動を続けているウディ・アレン。同作は2010年に製作され、ファンの間でも日本での公開が待たれていた恋愛コメディー作品。2組の夫婦を中心に、ロンドンで繰り広げられる恋愛模様が軽妙かつ残酷に描かれた作品だ。

出演者は、口喧嘩の絶えない夫婦のサリーとロイ役を演じるナオミ・ワッツとジョシュ・ブローリン、サリーの憧れの上司グレッグ役を演じるアントニオ・バンデラス、ロイが恋に落ちるディア役を演じるフリーダ・ピント。さらに、年下の恋人シャーメインのため若返りに精を出すサリーの父アルフィ役をアンソニー・ホプキンス、派手好きのシャーメイン役をルーシー・パンチ、アルフィの元妻ヘレナ役をジェマ・ジョーンズが演じている。

なお、ウディ・アレンの人生や創作哲学を紐解くドキュメンタリー映画『映画と恋とウディ・アレン』が、11月10日からTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開される。

『恋のロンドン狂騒曲』

2012年12月1日(土)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほかで全国ロードショー
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:
アントニオ・バンデラス
ジョシュ・ブローリン
アンソニー・ホプキンス
ジェマ・ジョーンズ
フリーダ・ピント
ルーシー・パンチ
ナオミ・ワッツ
配給:ロングライド

『映画と恋とウディ・アレン』

2012年11月10日(土)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開
監督・脚本:ロバート・B・ウィード
音楽:ポール・カンテロン
出演:
ウディ・アレン
ペネロペ・クルス
スカーレット・ヨハンソン
ダイアン・キートン
ショーン・ペン
クリス・ロック
ミラ・ソルビノ
ナオミ・ワッツ
ダイアン・ウィースト
オーウェン・ウィルソン
マーティン・スコセッシ
ほか
配給:ロングライド

(画像:©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.)

『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
『恋のロンドン狂騒曲』©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開