ニュース

『STUDIO VOICE』が約3年ぶりに特別号として復活、テーマは「音楽とクルマ」

カルチャー誌『STUDIO VOICE』の特別号が、11月20日に刊行される。

2009年に休刊し、その後はウェブマガジン『STUDIO VOICE ONLINE』として更新されていた『STUDIO VOICE』。約3年ぶりの雑誌版となる同号では、『MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来』と題し、「音楽とクルマ」をテーマに掲げた誌面を展開。著名人へのインタビューをはじめ、映画、写真、文学、ファッションなど様々なジャンルから「音楽とクルマ」にスポットを当て、現代における自動車と音楽の新たな関係を探っていく。

巻頭にはポール・ウェラーのインタビューが掲載されるほか、箭内道彦とMummy-Dが選ぶ「クルマベストジャケはこれだ!」、小室哲哉と津田大介の対談「音楽とITとクルマがつくる未来」、KREVA、EGO WRAPPIN'、DJ KAWASAKIらへのインタビュー、太田莉菜の写真記事「Drive with RINA」などが掲載される。また、藤原ヒロシ、佐藤琢磨、沖野修也、安藤モモ子、曽我部恵一、大森克己、冨永昌敬らがそれぞれの「クルマと音楽」を提示する。

なお、同号の特設サイトおよびFacebookページでは、掲載予定の記事や取材レポート、「音楽とクルマ」にまつわるコラムなどのコンテンツが公開されている。

『STUDIO VOICE特別号「MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来」』

2012年11月20日発売
価格:700円(税込)

『STUDIO VOICE特別号「MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来」』ロゴ
『STUDIO VOICE特別号「MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来」』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に