ニュース

『STUDIO VOICE』が約3年ぶりに特別号として復活、テーマは「音楽とクルマ」

カルチャー誌『STUDIO VOICE』の特別号が、11月20日に刊行される。

2009年に休刊し、その後はウェブマガジン『STUDIO VOICE ONLINE』として更新されていた『STUDIO VOICE』。約3年ぶりの雑誌版となる同号では、『MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来』と題し、「音楽とクルマ」をテーマに掲げた誌面を展開。著名人へのインタビューをはじめ、映画、写真、文学、ファッションなど様々なジャンルから「音楽とクルマ」にスポットを当て、現代における自動車と音楽の新たな関係を探っていく。

巻頭にはポール・ウェラーのインタビューが掲載されるほか、箭内道彦とMummy-Dが選ぶ「クルマベストジャケはこれだ!」、小室哲哉と津田大介の対談「音楽とITとクルマがつくる未来」、KREVA、EGO WRAPPIN'、DJ KAWASAKIらへのインタビュー、太田莉菜の写真記事「Drive with RINA」などが掲載される。また、藤原ヒロシ、佐藤琢磨、沖野修也、安藤モモ子、曽我部恵一、大森克己、冨永昌敬らがそれぞれの「クルマと音楽」を提示する。

なお、同号の特設サイトおよびFacebookページでは、掲載予定の記事や取材レポート、「音楽とクルマ」にまつわるコラムなどのコンテンツが公開されている。

『STUDIO VOICE特別号「MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来」』

2012年11月20日発売
価格:700円(税込)

『STUDIO VOICE特別号「MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来」』ロゴ
『STUDIO VOICE特別号「MUSIC in CAR――音楽とクルマと僕らの未来」』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲