ニュース

アイドルから新たなメディア表現を探る企画展をAKB、初音ミク、モー娘。らがサポート

『メディア/アイドル ミュージアム』が、本日11月21日から埼玉・川口のSKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムで開催されている。

1970年代に起源をもつとされ、時代を写す鏡とも言われるアイドル文化。同展では、アイドルを扱った映像コンテンツの変遷からアイドル文化の進化の歴史を辿り、映像表現やメディアの進化を読み解いていく。また、SNSやインターネットによるコンテンツ配信などの活用を通して、アイドルとファンの間で生まれている新しいコミュニケーションのあり方にも注目し、体験型展示や資料映像と共に紹介する。

展示作品は、ARを駆使してアイドルグループの℃-uteや東京女子流と振りコピの共演ができる『Be the Idol!』をはじめ、同展のために制作されたオリジナル体験型作品2作品に加え、AKB48やももいろクローバーZ、アイドリング!!!、でんぱ組.Inc、バニラビーンズ、モーニング娘。、Berryz工房、風男塾らのPVを上映し、一部PVに登場する小道具も展示。さらに、初音ミクの3DCGムービー開発ツール「MikuMikuDance」による映像制作を、モーションキャプチャーでインタラクティブに体験できるほか、アイドル進化とメディア変遷を解説する『メディア/アイドル進化年表』なども展示される。

会期中には全7回にわたるトークイベントも開催され、11月24日の第1回目は『AKB48白熱論争 延長戦』と題し、中森明夫、小林よしのり、宇野常寛、濱野智史がトークを繰り広げる。さらにAKB48のPVを手掛ける映像作家・高橋栄樹が講師を務めるPV制作ワークショップなども開催される。参加申込み方法などの詳細は、同展のオフィシャルサイトで確認しよう。

『「メディア/アイドル ミュージアム」~「アイドル」から読み解く、映像・メディアの今~』

2012年11月21日(水)~2013年4月7日(日)
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
協力アイドル:
アイドリング!!!
アップアップガールズ(仮)
AKB48
℃-ute
でんぱ組.Inc
東京女子流
初音ミク
バニラビーンズ
Berryz工房
BiS
風男塾
モーニング娘。
ほか
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
料金:大人500円、小中学生250円
※常設展示も観覧可

『メディア/アイドル トークイベントシリーズ 第1回「AKB48白熱論争 延長戦」』
2012年11月24日(土)14:00~
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム1F ガイダンスルーム
出演:
中森明夫(アイドル評論家、編集者)
小林よしのり(漫画家、思想家、社会評論家)
宇野常寛(評論家)
濱野智史(社会学者・批評家)
ほか
MC:岡島紳士(アイドル専門ライター)
料金:無料
※要映像ミュージアム入館料
※やむを得ない事情でイベントが変更・中止になる場合もあり

『ミュージックビデオ制作ワークショップ』
2013年2月~3月の土曜、日曜(計4日間)10:00~15:00(各日)
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ敷地内
講師:高橋栄樹(映像ディレクター、映画監督)
対象:小学5年生~中学生(男女)
定員:40名程度(事前予約制)
料金:無料
※要映像ミュージアム入館料

(画像上:『「メディア/アイドル ミュージアム」~「アイドル」から読み解く、映像・メディアの今~』チラシ、画像中:オリジナル体験型作品『Be the Idol!』から 東京女子流「おんなじキモチ」、画像下:BiS「nerve」(2011))

『「メディア/アイドル ミュージアム」〜「アイドル」から読み解く、映像・メディアの今〜』チラシ
『「メディア/アイドル ミュージアム」〜「アイドル」から読み解く、映像・メディアの今〜』チラシ
オリジナル体験型作品『Be the Idol!』から 東京女子流「おんなじキモチ」
オリジナル体験型作品『Be the Idol!』から 東京女子流「おんなじキモチ」
BiS「nerve」(2011)
BiS「nerve」(2011)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)