ニュース

新海誠監督の新作アニメーション映画は「恋」を描く『言の葉の庭』、2013年公開

新海誠監督の新作アニメーション映画『言の葉の庭』が、2013年に公開されることがわかった。

2002年公開の『ほしのこえ』をはじめ、2004年の『雲のむこう、約束の場所』、2007年の『秒速5センチメートル』などで次世代を担うアニメーション監督として国内外で高い評価を受ける新海監督。『言の葉の庭』は、同監督にとって2011年の『星を追う子ども』以来、約2年ぶりの新作となる。

同作について新海監督は、「初めて『恋』の物語を作っている。すくなくとも自分の過去作では描いてこなかった感情を、本作ではアニメーション映画の中に込めたいと思っている」と意気込みを語っている。また、「『言の葉の庭』はそのような恋――愛に至る以前の、孤独に誰かを希求するしかない感情の物語だ。誰かとの愛も絆も約束もなく、その遥か手前で立ちすくんでいる個人を描きたい。現時点ではまだそれ以上のことはお伝えできないけれど、すくなくとも『孤悲』を抱えている(いた)人を力づけるようなことが叶うような作品を目指している」と、構想の一部を明らかにしている。

なお、12月29日から31日まで東京・有明の東京ビッグサイトで開催される『コミックマーケット』内のコミックス・ウェーブ・フィルムブースでは、『星を追う子ども』『秒速5センチメートル』の絵コンテ集や同監督のオリジナルグッズを販売。購入者には『言の葉の庭』の限定ポストカードが贈られるとのこと。

『言の葉の庭』

2013年公開予定
監督・原作・脚本:新海誠
配給:東宝映像事業部

(画像:©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films)

『言の葉の庭』 ©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
『言の葉の庭』 ©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く