ニュース

新海誠監督の新作アニメーション映画は「恋」を描く『言の葉の庭』、2013年公開

新海誠監督の新作アニメーション映画『言の葉の庭』が、2013年に公開されることがわかった。

2002年公開の『ほしのこえ』をはじめ、2004年の『雲のむこう、約束の場所』、2007年の『秒速5センチメートル』などで次世代を担うアニメーション監督として国内外で高い評価を受ける新海監督。『言の葉の庭』は、同監督にとって2011年の『星を追う子ども』以来、約2年ぶりの新作となる。

同作について新海監督は、「初めて『恋』の物語を作っている。すくなくとも自分の過去作では描いてこなかった感情を、本作ではアニメーション映画の中に込めたいと思っている」と意気込みを語っている。また、「『言の葉の庭』はそのような恋――愛に至る以前の、孤独に誰かを希求するしかない感情の物語だ。誰かとの愛も絆も約束もなく、その遥か手前で立ちすくんでいる個人を描きたい。現時点ではまだそれ以上のことはお伝えできないけれど、すくなくとも『孤悲』を抱えている(いた)人を力づけるようなことが叶うような作品を目指している」と、構想の一部を明らかにしている。

なお、12月29日から31日まで東京・有明の東京ビッグサイトで開催される『コミックマーケット』内のコミックス・ウェーブ・フィルムブースでは、『星を追う子ども』『秒速5センチメートル』の絵コンテ集や同監督のオリジナルグッズを販売。購入者には『言の葉の庭』の限定ポストカードが贈られるとのこと。

『言の葉の庭』

2013年公開予定
監督・原作・脚本:新海誠
配給:東宝映像事業部

(画像:©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films)

『言の葉の庭』 ©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
『言の葉の庭』 ©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会