kilk recordsによるライブスペース「ヒソミネ」が5月中旬にオープン

kilk recordsによるライブスペース「ヒソミネ」が、5月中旬にオープンする。

ヒソミネは、埼玉の大宮駅の隣駅にあたる宮原駅から徒歩5分の場所にオープン予定。ライブハウスの閉鎖的なイメージを一新する開放的な雰囲気と、レコーディングやUstreamなどの配信、展覧会、映画上映などにも対応できる空間づくりを目指すという。また、キャパシティーは20人から70人程度を想定しているとのこと。オープンに伴い、出演者やイベントを現在募集中だ。

なお、同スペース設立を中心に据えた『ヒソミネプロジェクト』への出資金を、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」で募集中。CAMPFIREを通じて出資した人には金額に応じて、kilk records関連作品、グッズなどをはじめ、kilk records主宰の森大地(Aureole)と中澤恵介(Meme)による出資者のためのオリジナル曲を書き下ろしてもらえる権利や、ライブハウスの指定場所に名前が刻印されるといった特典が用意されている。『ヒソミネプロジェクト』の趣旨や出資特典などの詳細は、同プロジェクトのCAMPFIREページで確認しよう。

(画像:「ヒソミネ」ロゴ)

  • HOME
  • Music
  • kilk recordsによるライブスペース「ヒソミネ」が5月中旬にオープン

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて