映画脚本のためにサイコパス募集、笑いと暴力が交錯する犯罪映画『セブン・サイコパス』

映画の脚本執筆をテーマにしたクライムサスペンス映画『セブン・サイコパス』が、11月2日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

同作で描かれるのは、新作映画『セブン・サイコパス』の脚本執筆が進まずに悩んでいた脚本家のマーティーを助けるため、親友で売れない役者のビリーが新聞広告で勝手にサイコパスを募集したことから始まる物語。ウサギを抱えた正義の殺人犯や、何よりも犬を愛するマフィア、現場にダイヤのエースを残すヒットマン、復讐心を抱える信心深い男など、広告を見て集まった変人たちが巻き起こすトラブルや過激な脚本作りの様子がシニカルな笑いを交えて描かれる。

主人公のマーティーを『フォーン・ブース』のコリン・ファレルが演じるほか、『アイアンマン2』のサム・ロックウェル、『ゾンビランド』のウディ・ハレルソン、『ダークホース ~リア獣エイブの恋~』のクリストファー・ウォーケン、『Dr.パルナサスの鏡』のトム・ウェイツ、『オブリビオン』のオルガ・キュリレンコらがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは『ヒットマンズ・レクイエム』のマーティン・マクドナー監督。

作品情報

『セブン・サイコパス』

2013年11月2日(土)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
監督・脚本:マーティン・マクドナー
出演:
コリン・ファレル
サム・ロックウェル
ウディ・ハレルソン
クリストファー・ウォーケン
トム・ウェイツ
オルガ・キュリレンコ
アビー・コーニッシュ
ほか
配給:クロックワークス

(画像:©2011 Blueprint Pictures (Seven) Limited, The British Film Institute and Film4)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 映画脚本のためにサイコパス募集、笑いと暴力が交錯する犯罪映画『セブン・サイコパス』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて