実写映画『僕は友達が少ない』から「隣人部」メンバー捉えた特報公開

2014年新春に全国で公開される実写映画『僕は友達が少ない』の特報映像が公開された。

「残念系青春ラブコメ」をキャッチコピーに掲げ、テレビアニメ化もされた平坂読の同名小説をもとにした同作は、友人がいないことを部員資格とする「隣人部」のメンバーたちが友人作りのために奮闘する様子を描いた作品。実写映画版ではオリジナルストーリーが描かれており、今回公開された特報では、隣人部の面々が花火に興じる場面、彼らが頭部に機械を装着して「禁断のゲーム」を始める場面などが確認できる。ティザービジュアルもあわせて公開されたので、こちらもチェックしてみよう。

キャストには、極度の人見知りで目つきの悪い金髪の主人公・羽瀬川小鷹役に瀬戸康史、性格に難のある黒髪のヒロイン・三日月夜空役に北乃きい、同性の友人が1人もいないお嬢様・柏崎星奈役に大谷澪のほか、高月彩良、神定まお、久保田紗友、山田萌々香、栗原類、渡辺大、石原良純らが名を連ねている。メガホンをとるのは映画『シャッフル』やテレビドラマ『ザ・クイズショウ』などで知られる及川拓郎。

作品情報

『僕は友達が少ない』

2014年新春に全国公開
監督・脚本:及川拓郎
原作:平坂読『僕は友達が少ない』(メディアファクトリー)
出演:
瀬戸康史
北乃きい
大谷澪
高月彩良
神定まお
久保田紗友
山田萌々香
栗原類
渡辺大
石原良純
配給:東映

(画像上:『僕は友達が少ない』ティザービジュアル ©2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会、画像下:平坂読『僕は友達が少ない』第9巻表紙)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 実写映画『僕は友達が少ない』から「隣人部」メンバー捉えた特報公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて