ジム・ジャームッシュの新作が12月に日本公開、吸血鬼カップルの運命描く

ジム・ジャームッシュ監督の新作映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』が、12月から東京・TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開される。

映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『コーヒー&シガレッツ』『ブロークン・フラワーズ』などの作品で知られるジャームッシュ監督が、約7年間にわたって構想をあたためたという同作は、何世紀も愛し合っている吸血鬼カップルの運命を描いた作品。

アンダーグランドシーンで活動するミュージシャンでもある吸血鬼のアダム役を『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』のロキ役で注目を集めているイギリス人俳優のトム・ヒドルストンが演じるほか、アダムの恋人である吸血鬼のイヴ役をティルダ・スウィントン、破天荒な性格でアダムとイヴの運命を翻弄するイヴの妹エヴァ役をミア・ワシコウスカが演じる。

CINRA.NETでは、12月2日(月)18:30(開場18:00)から東京・よみうりホール(千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)で行われる『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』試写会に5組10名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年11月25日)

作品情報

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

2013年12月からTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:
トム・ヒドルストン
ティルダ・スウィントン
ミア・ワシコウスカ
ジョン・ハート
配給:ロングライド

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジム・ジャームッシュの新作が12月に日本公開、吸血鬼カップルの運命描く

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて