手書き文字の魅力やフォント作成法を紹介、タイポグラフィ専門誌『TYPOGRAPHY 04』

手書き文字の魅力を紹介する特集記事が、本日10月8日に刊行された文字デザイン専門誌『TYPOGRAPHY 04』に掲載されている。

レタリングやカリグラフィー、看板文字、相撲文字などの技術に焦点をあてる同特集では、手書き文字の作業工程を紹介するほか、国内外の街頭で書体関係者たちが集めた気になる書体の写真も掲載。また、手書きフォントの書体見本や手書き文字をフォント化する方法なども掲載されている。

また、巻頭記事では国内外のタイポグラフィデザインやプロダクトを紹介するほか、巻末にはタイポグラフィ関連のニュースを掲載。連載記事などの執筆陣には小林章、ヤマダコウスケ、渡部千春、akira1975、竹下直幸、麥倉聖子、コントヨコらが名を連ねている。


書籍情報

『TYPOGRAPHY 04』

2013年10月8日発売
価格:2,100円(税込)
発行:グラフィック社

amazonで購入する

(画像:『TYPOGRAPHY 04』より)

  • HOME
  • Book
  • 手書き文字の魅力やフォント作成法を紹介、タイポグラフィ専門誌『TYPOGRAPHY 04』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて