「ラブグッズ」開発に挑む女性の戸惑いと成長描く映画『ラブクラフト・ガール』

女性用セクシャルグッズの開発を描く映画『ラブクラフト・ガール』が、11月22日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

同作は、実在するセクシャルヘルスケアブランド「エルシーラブコスメティック」が展開する同名漫画作品をモチーフにした作品。住居もなく恋人もいない新人デザイナー・茜が、「ラブグッズ」と呼ばれる女性用セクシャルグッズの開発に携わることになり、戸惑いながらも少子化や離婚問題、セックスレスなどの問題に向き合い、やがて成長していく姿が描かれる。

茜役を演じたのは、ナイロン100℃やポツドール、五反田団などの演劇作品をはじめ、ミュージカルやテレビドラマなどにも出演している安藤聖。メガホンをとったのは映画『ペンギン夫婦の作りかた』の平林克理。

作品情報

『ラブクラフト・ガール』

2013年11月22日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷でレイトショー、全国順次公開予定
監督:平林克理
脚本:鹿目けいこ
出演:
安藤聖
中村倫也
羽鳥名美子
黒瀬友望
千葉雅子
矢柴俊博
木野花
配給:CURIOUSCOPE

(画像:©映画「ラブクラフト・ガール」)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「ラブグッズ」開発に挑む女性の戸惑いと成長描く映画『ラブクラフト・ガール』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて