ポン・ジュノ監督『スノーピアサー』から予告編、人類が暮らす列車内部や戦いの様子も

ポン・ジュノ監督の新作映画『スノーピアサー』の予告編が公開された。

『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』『母なる証明』などの作品で知られ、斬新な映像と構成でアジアだけでなく欧米でも注目を集めているジュノ監督。国際色豊かなキャストを迎えて制作された同作は、フランスの漫画作品『LE TRANSPERCENEIGE』をもとにしたSF作品となる。新たな氷河期に突入した2031年の地球を舞台に、生き残った最期の人類が一台の列車「スノーピアサー」に乗って生活しているという奇抜な設定のもと、先頭車両に住む支配階級と、奴隷のような扱いを受けている後方車両に住む人々の戦いが描かれる。

今回公開された予告編では、氷に覆われた地球を疾走するスノーピアサーの内部で繰り広げられる戦いの緊迫した様子や、謎に満ちた物語の内容をほのめかす内容になっている。

作品情報

『スノーピアサー』

2014年2月7日(金)からTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
監督:ポン・ジュノ
原作:ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン
原作:ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ『LE TRANSPERCENEIGE』
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:
クリス・エヴァンス
ソン・ガンホ
ティルダ・スウィントン
ジョン・ハート
オクタヴィア・スペンサー
ジェイミー・ベル
ユエン・ブレムナー
エド・ハリス
配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA

(画像:©2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ポン・ジュノ監督『スノーピアサー』から予告編、人類が暮らす列車内部や戦いの様子も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて