ニュース

大泉洋が『どうでしょう』本音も綴るエッセイ集、表紙イラストはあだち充

大泉洋のエッセイ集『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が、4月19日に刊行される。

同書には、1997年から2013年までの16年間に綴られたエッセイを収録。『水曜どうでしょう』についての本音や裏話をはじめ、地方から全国区のマルチタレントに上り詰めた心情や自負、また自らが所属するTEAM NACSについて、地元・北海道のこと、家族のこと、日常生活などについて、笑いや哀愁を散りばめながら綴っている。なお、表紙イラストは大泉が子供の頃からファンだったという漫画家のあだち充が担当。あだちが書籍の装画を手掛けるのは同書が初めてとのこと。

また、同書の発売前重版を記念したトークイベントが、4月29日に東京・池袋のリブロ西武池袋本店別館8階池袋コミュニティ・カレッジ4・5番教室で開催。参加応募方法はリブロのウェブサイトで確認しよう。

※記事掲載時からタイトルと本文内容が一部変更になりました。

書籍情報

『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』

2013年4月19日発売
著者:大泉洋
価格:1,365円(税込)
発行:メディアファクトリー

amazonで購入する

(画像上:大泉洋『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』表紙、画像下:『ダ・ヴィンチ』4/6号発売号対談時に撮影された大泉洋と装画を手掛けたあだち充のツーショット)

大泉洋『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』表紙(帯なし)
大泉洋『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』表紙(帯なし)
『ダ・ヴィンチ』4/6号発売号対談時に撮影された大泉洋と装画を手掛けたあだち充のツーショット
『ダ・ヴィンチ』4/6号発売号対談時に撮影された大泉洋と装画を手掛けたあだち充のツーショット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像