ニュース

大泉洋が『どうでしょう』本音も綴るエッセイ集、表紙イラストはあだち充

大泉洋のエッセイ集『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が、4月19日に刊行される。

同書には、1997年から2013年までの16年間に綴られたエッセイを収録。『水曜どうでしょう』についての本音や裏話をはじめ、地方から全国区のマルチタレントに上り詰めた心情や自負、また自らが所属するTEAM NACSについて、地元・北海道のこと、家族のこと、日常生活などについて、笑いや哀愁を散りばめながら綴っている。なお、表紙イラストは大泉が子供の頃からファンだったという漫画家のあだち充が担当。あだちが書籍の装画を手掛けるのは同書が初めてとのこと。

また、同書の発売前重版を記念したトークイベントが、4月29日に東京・池袋のリブロ西武池袋本店別館8階池袋コミュニティ・カレッジ4・5番教室で開催。参加応募方法はリブロのウェブサイトで確認しよう。

※記事掲載時からタイトルと本文内容が一部変更になりました。

書籍情報

『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』

2013年4月19日発売
著者:大泉洋
価格:1,365円(税込)
発行:メディアファクトリー

amazonで購入する

(画像上:大泉洋『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』表紙、画像下:『ダ・ヴィンチ』4/6号発売号対談時に撮影された大泉洋と装画を手掛けたあだち充のツーショット)

大泉洋『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』表紙(帯なし)
大泉洋『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』表紙(帯なし)
『ダ・ヴィンチ』4/6号発売号対談時に撮影された大泉洋と装画を手掛けたあだち充のツーショット
『ダ・ヴィンチ』4/6号発売号対談時に撮影された大泉洋と装画を手掛けたあだち充のツーショット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い