ニュース

まるちゃんのゆる~い静岡音頭でピエール瀧が歌唱、制作陣に細野、小山田、パパイヤ

さくらももこ作詞、細野晴臣作曲、小山田圭吾編曲、ピエール瀧が歌を担当した静岡市のPRソング“まるちゃんの静岡音頭”のPVが公開された。

『ちびまる子ちゃん』のキャラクターたちが登場する同PVでは、キャラクターたちによる踊りの振付をパパイヤ鈴木、CG制作をMOGRAPHIXXが担当。同楽曲は静岡市出身のさくらももこの協力を得て展開している「静岡市シティプロモーション」の一環として制作されたもの。今後は同市内小学校、幼稚園、保育園などにインストラクターを派遣して児童や生徒に音頭と踊りをレクチャーするほか、全国に向けて同市の知名度向上を図っていくという。

作詞を担当したさくらももこは“まるちゃんの静岡音頭”について「私の生まれ育った静岡の、おいしい物やおなじみの名所をいっぱい入れて楽しい音頭を作りたいと思って作詞いたしました。昔からの大ファンの細野さんに作曲をお願いし、友達の小山田君がアレンジをしてくれて、静岡市出身のピエール瀧さんが歌って下さり、パパイヤさんが踊りの振り付けをして下さり、本当にうれしいすてきな音頭が出来ました!!アキバさんのプロモーションビデオもとてもかわいいのでどうか皆さん楽しく踊って下さい!!」とコメント。

また、歌を担当したピエール瀧は「静岡っぽい、楽しくゆる~い音頭が出来たと思います。子供が口ずさんでくれたら楽しいですね。あと、実はまだモツカレーを食べた事がないので早急に食べたいと思います!」と語っているほか、作曲を手掛けた細野晴臣は「さくらももこさんって石松の化身かもしれない。その石松からの依頼で出来た音頭です。小山田圭吾さん、ピエール瀧さんをも巻き込んで、歌入れの時は次郎長一家の集まりのようでした」とレコーディングの様子を明かしている。また、編曲の小山田圭吾は「さくらさんに頼まれてこの曲のアレンジをしているうちに静岡県に行って、まぐろとしらすとモツカレーを食べてみたくなりました」とコメントしている。

MOGRAPHIXX
iPhone5ケース「construction letters "XYZ"」

価格:3,675円(税込)
建築アルファベットシリーズから「XYZ」

CINRA STOREで購入する

(画像上:「まるちゃんの静岡音頭」動画より、画像下:ピエール瀧)

「まるちゃんの静岡音頭」動画より
「まるちゃんの静岡音頭」動画より
ピエール瀧
ピエール瀧
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年