ニュース

緑豊かな村に巻き起こったゴミ騒動を撮影、環境ドキュメンタリー『トラブゾン狂騒曲』

トルコの小さな村で巻き起こった「ゴミ騒動」を捉えたドキュメンタリー映画『トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~』が、8月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作は、トルコ系ドイツ人であるファティ・アキン監督が、自身の代表作の1つ『そして、私たちは愛に帰る』のラストシーンの舞台にもなったトルコのトラブゾン地域にある緑豊かな村に、ゴミ処理場が建設されることを知ったことから制作された作品。土の汚染をビニールシートで防ごうとするといった政府によるずさんな建設計画の現状や、役人たちとそれに立ち向かう住民とのやりとりがユーモアに包まれながら映し出されている。劇中音楽はアレクサンダー・ハッケ(Einsturzende Neubauten)が担当。

アキン監督は1973年生まれ、ドイツ・ハンブルク出身。2004年に『愛より強く』で『ベルリン国際映画祭』金熊賞を受賞したほか、2007年に『そして、私たちは愛に帰る』で『カンヌ国際映画祭』で脚本賞と観客賞、2009年に『ソウル・キッチン』で『ヴェネツィア国際映画祭』審査員特別賞を受賞している。

作品情報

『トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~』

2013年8月からアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督:ファティ・アキン
音楽:アレクサンダー・ハッケ
出演:チャンブルヌ村の人々
配給:ビターズ・エンド

(画像:『トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~』より)

『トラブゾン狂騒曲 〜小さな村の大きなゴミ騒動〜』
『トラブゾン狂騒曲 〜小さな村の大きなゴミ騒動〜』
『トラブゾン狂騒曲 〜小さな村の大きなゴミ騒動〜』
『トラブゾン狂騒曲 〜小さな村の大きなゴミ騒動〜』
『トラブゾン狂騒曲 〜小さな村の大きなゴミ騒動〜』
『トラブゾン狂騒曲 〜小さな村の大きなゴミ騒動〜』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ミツメ“セダン”

8月1日にリリースするニューシングル”セダン”のMV。今回は須田洋次郎さん監督作のノスタルジックな作品で、前編8mmフィルムで撮影されたホームビデオタッチです。メンバー監督の作品ということもあるのか、旅先の記録をしたような、ゆったりしたメンバーや風景が捉えられています。ミツメのMVは初期のものから最高なので、映像集ほしいです。(川浦)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像