ニュース

石ころ×テクノロジーで豊かな空想をかき立てる、plaplax個展『イマジネイチャー』

「石ころ」を題材にしたplaplaxの個展『イマジネイチャー ~石ころの記憶~』が、9月1日まで埼玉・川口のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアムで開催されている。

近森基、久納鏡子、筧康明、小原藍の4人からなるplaplaxは、2002年頃から活動しているメディアアートユニット。主にインタラクティブアート作品の制作を手がけ、『Ars Electronica』『SIGGRAPH』『文化庁メディア芸術祭』など国内外で数多く作品を発表しているほか、空間演出や展示造形、大学と共同での技術開発など幅広く活動している。

同展では、鑑賞者が触れると石の中から不思議な生き物が現れて動き出す『石ころのカチナ』や、宮沢賢治の童話『やまなし』から着想を得た新作『クラムボンはわらった』など、インスタレーションや映像、彫刻作品など9作品を展示。石ころに触れることで、自然との豊かなつながりを創る空想の力が触発されるような展示になっているとのこと。

また、会期中にはplaplaxによる関連イベント『夏休み特別ミニギャラリートーク+ワークショップ』の開催も予定されている。参加方法などの詳細はオフィシャルサイトを確認しよう。


イベント情報

『イマジネイチャー ~石ころの記憶~』

2013年6月1日(土)~9月1日(日)
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
出展作家:plaplax(近森基、久納鏡子、筧康明、小原藍)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
料金:大人500円 小中学生250円

夏休み特別ミニギャラリートーク+ワークショップ『石ころを動かそう!!』
2013年8月17日(土)14:00~16:00
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
講師:plaplax
対象年齢:小学生以上
定員:30名(要事前申し込み、先着順)
料金:無料(映像ミュージアム入館料が必要)

(画像上から:『石ころのカチナ』2011、『イシムシの標本』2011 ※参考図版、『イマジネイチャー ~石ころの記憶~』会場風景 写真提供:SKIPシティ 映像ミュージアム、『イマジネイチャー ~石ころの記憶~』会場入り口 写真提供:SKIPシティ 映像ミュージアム)

『石ころのカチナ』2011
『石ころのカチナ』2011
『イシムシの標本』2011 ※参考図版
『イシムシの標本』2011 ※参考図版
『イマジネイチャー 〜石ころの記憶〜』会場風景 写真提供:SKIPシティ 映像ミュージアム
『イマジネイチャー 〜石ころの記憶〜』会場風景 写真提供:SKIPシティ 映像ミュージアム
『イマジネイチャー 〜石ころの記憶〜』会場入り口 写真提供:SKIPシティ 映像ミュージアム
『イマジネイチャー 〜石ころの記憶〜』会場入り口 写真提供:SKIPシティ 映像ミュージアム
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで