ニュース

シュルレアリスムの「遊び」を紹介する展覧会、ダリからシュヴァンクマイエルまで展示

「シュルレアリスム」の魅力と本質に迫る展覧会『<遊ぶ>シュルレアリスム ―不思議な出会いが人生を変える―』が、8月25日まで東京・新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で開催されている。

夢や無意識、非合理の世界に目を向けて、コラージュやフロッタージュといった技法を生み出しながら、伝統の枠から自由な芸術表現を目指したシュルレアリスム。同展では、20世紀最大の芸術運動ともいわれるシュルレアリスムが生み出した作品の中から、軽やかでユニークな「遊び」の要素に焦点をあてた絵画、写真、彫刻、オブジェに加えて、雑誌や書籍などの資料を含む約200点を展示する。出品作家は、サルバドール・ダリ、ルネ・マグリット、マックス・エルンスト、マン・レイ、マルセル・デュシャン、ヤン・シュヴァンクマイエル、瀧口修造、植田正治、岡上淑子ら国内外の多彩な顔ぶれとなる。

会期中には、休館日の美術館でボランティアガイドと作品について語りあう『ギャラリー★で★トーク・アート』や、シュルレアリストたちが行った作品づくりの手法を体験するワークショップなども開催される。


イベント情報

『<遊ぶ>シュルレアリスム ―不思議な出会いが人生を変える―』

2013年7月9日(火)~8月25日(日)
会場:東京都 新宿 損保ジャパン東郷青児美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし7月15日は開館)
料金:
当日 一般1,000円 大・高校生600円 シルバー(65歳以上)800円
前売 一般800円 大・高校生500円
※障がい者、中学生以下無料
※大・高校生は生徒手帳必要
※シルバーは年齢のわかる物を提示

『ギャラリー★で★トーク・アート』
2013年7月29日(月)14:00~16:00
会場:東京都 新宿 損保ジャパン東郷青児美術館
定員:20名程度
料金:800円(要事前申し込み、7月16日締切)

ワークショップコーナー
『あなたもシュルレアリスト!』

会期中の11:30~17:00(7月15日を除く月曜休み)
会場:東京都 新宿 損保ジャパン東郷青児美術館 1階ロビー
料金:無料
※各日16:00に申込締切

 

(画像上から:ヤン・シュヴァンクマイル『映画「サヴァイヴィングライフ」のためのコラージュ』 2009年 ペトル・ホリー氏蔵 ©Jan Svankmajer, 2013、植田正治『コンポジション』 1937年 ゼラチンシルヴァープリント 東京都写真美術館蔵 ©Shoji Ueda Office, 2013、岡上淑子『はるかな旅』 1953年 コラージュ、紙 高知県立美術館蔵 ©Toshiko Okanoue, 2013、マックス・エルンスト コラージュ集『慈善週間あるいは七大元素』(5組) 1934年 印刷物、紙 高松市美術館蔵)

ヤン・シュヴァンクマイル『映画「サヴァイヴィングライフ」のためのコラージュ』 2009年 ペトル・ホリー氏蔵 ©Jan Svankmajer, 2013
ヤン・シュヴァンクマイル『映画「サヴァイヴィングライフ」のためのコラージュ』 2009年 ペトル・ホリー氏蔵 ©Jan Svankmajer, 2013
植田正治『コンポジション』 1937年 ゼラチンシルヴァープリント 東京都写真美術館蔵 ©Shoji Ueda Office, 2013
植田正治『コンポジション』 1937年 ゼラチンシルヴァープリント 東京都写真美術館蔵 ©Shoji Ueda Office, 2013
岡上淑子『はるかな旅』 1953年 コラージュ、紙 高知県立美術館蔵 ©Toshiko Okanoue, 2013
岡上淑子『はるかな旅』 1953年 コラージュ、紙 高知県立美術館蔵 ©Toshiko Okanoue, 2013
マックス・エルンスト コラージュ集『慈善週間あるいは七大元素』(5組) 1934年 印刷物、紙 高松市美術館蔵
マックス・エルンスト コラージュ集『慈善週間あるいは七大元素』(5組) 1934年 印刷物、紙 高松市美術館蔵
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと