ニュース

多様な文化圏の往来から生まれる多層的な映像作品、『フィオナ・タン|エリプシス』展

イメージを断片にして再び構成し直すことで本質に届かないもどかしさを創り出す映像作家フィオナ・タンによる展覧会『フィオナ・タン|エリプシス』が、8月3日から石川・金沢21世紀美術館で開催される。

1966年にインドネシア・スマトラ島のブカンバルで生まれ、現在アムステルダムに住むフィオナ・タン。中国系の父とオーストラリア人の母を持ち、少女時代をオーストラリアで過ごした後にヨーロッパに移り住むなど、多様な文化圏の往来から発生した複雑さや多層性が表れた作品を生み出している。

同展では、初期を代表する作品『Linnaeus' Flower Clock(リンネの花時計)』から、近作のひとつである2面のスクリーンを使ったインスタレーション作品『Rise and Fall(ライズ・アンド・フォール)』、7人の人々の肖像を映した全7時間にわたるインスタレーション作品『Seven(セブン)』まで、映像、写真、インスタレーション作品を紹介しながら、不連続な時間軸上を行き交う詩的で静謐なタンの表現を紹介する。

イベント情報

『フィオナ・タン|エリプシス』

2013年8月3日(土)~11月10日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 展覧会ゾーン
時間:10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
休館日:毎週月曜(月曜が祝日の場合は翌平日。ただし、8月12日は開場)
料金:
本展観覧券 一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上の方800円(『イザベル&アルフレド・アキリザン』展と共通)
『内臓感覚 - 遠クテ近イ生ノ声』との3展共通観覧券 一般1,700円 大学生1,400円 小中高生700円 65歳以上の方1,400円

(画像上:『Rise and Fall(ライズ・アンド・フォール)』 2009年 HD インスタレーション 21分 作家蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo、画像中:『Linnaeus' Flower Clock (リンネの花時計)』1998年 SD ヴィデオ 17分 金沢21世紀美術館蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo、画像下:『A Lapse of Memory(記憶のうつろい)』2007年 HD インスタレーション 24分35秒 作家蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo)

『Rise and Fall(ライズ・アンド・フォール)』 2009年 HD インスタレーション 21分 作家蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo
『Rise and Fall(ライズ・アンド・フォール)』 2009年 HD インスタレーション 21分 作家蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo
『Linnaeus' Flower Clock (リンネの花時計)』1998年 SD ヴィデオ 17分 金沢21世紀美術館蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo
『Linnaeus' Flower Clock (リンネの花時計)』1998年 SD ヴィデオ 17分 金沢21世紀美術館蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo
『A Lapse of Memory(記憶のうつろい)』2007年 HD インスタレーション 24分35秒 作家蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo
『A Lapse of Memory(記憶のうつろい)』2007年 HD インスタレーション 24分35秒 作家蔵 ©Fiona Tan Courtesy of the Artist and Wako Works of Art, Tokyo
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年