ニュース

映画『魔女の宅急便』から実写版キキやとんぼ、おソノら登場の場面写真が公開

3月1日から全国で公開される実写映画『魔女の宅急便』の場面写真が公開された。

1985年から刊行され、2009年に完結した角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』シリーズ。1989年に宮崎駿監督によってアニメ化されたほか、蜷川幸雄の演出によってミュージカル化されるなど、第1作目の発表から20年以上経過した現在でも多くのファンを持つ作品だ。

初の実写映画版となる同作では、原作の第1巻と第2巻をもとに、魔女の血を引く少女キキが黒猫のジジと共に魔女修行の旅に出る様子が描かれる。監督は『呪怨』の清水崇、共同脚本は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などの奥寺佐渡子が担当している。

今回公開された場面写真では、オーディションで抜擢された小芝風花が演じるキキがホウキに乗って故郷から旅立つ場面や、尾野真千子が演じるパン屋のおかみ・おソノがキキと共に佇む場面をはじめ、とんぼ役を演じる広田亮平、キキの父オキノ役の筒井道隆、キキの母コキリ役の宮沢りえらの姿を確認することができる。


作品情報

『魔女の宅急便』

2014年3月1日(土)から全国公開
監督:清水崇
脚本:清水崇、奥寺佐渡子
原作:角野栄子『魔女の宅急便』(角川文庫、福音館書店)
出演:
小芝風花
尾野真千子
広田亮平
山本浩司
新井浩文
吉田洋
浅野忠信
筒井道隆
宮沢りえ
配給:東映

(画像:©2014「魔女の宅急便」製作委員会)

『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
『魔女の宅急便』 ©2014「魔女の宅急便」製作委員会
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問