ニュース

テオ・アンゲロプロス監督が最後に完成させた映画『エレニの帰郷』公開&回顧上映

テオ・アンゲロプロス監督の長編映画『エレニの帰郷』が、1月25日から全国で公開される。

映画『旅芸人の記録』『永遠と一日』などで知られるアンゲロプロス監督。『20世紀3部作』の第3部を撮影していた2012年1月24日にギリシア・アテネで交通事故に遭い、76歳で急逝した。

アンゲロプロス監督が自らの手で完成させた最後の作品となる『エレニの帰郷』は、2004年公開の『エレニの旅』に続く『20世紀3部作』の第2部にあたる作品。20世紀を生き抜いた女性エレニと彼女を取り巻く男たち、さらにエレニの息子であり、アンゲロプロス自らの姿が投影されたような映画監督たちの物語が、詩情あふれるダイナミックな映像で描かれている。

なお、同作の公開を記念したアンゲロプロス監督の回顧上映が、1月11日から24日まで大阪・梅田ブルク7、1月14日から24日まで東京・新宿バルト9で開催される。

作品情報

『エレニの帰郷』

2014年1月25日(土)から全国公開
監督・脚本:テオ・アンゲロプロス
出演:
ウィレム・デフォー
ブルーノ・ガンツ
ミシェル・ピッコリ
イレーヌ・ジャコブ
配給:東映

イベント情報

『「エレニの帰郷」公開記念 アンゲロプロス監督回顧上映』

2014年1月11日(土)~1月24日(金)
会場:大阪府 梅田ブルク7

2014年1月14日(火)~1月24日(金)
会場:東京都 新宿バルト9

上映作品:
『旅芸人の記録』
『狩人』
『アレクサンダー大王』
『シテール島への船出』
『蜂の旅人』
『霧の中の風景』
『こうのとり、たちずさんで』
『ユリシーズの瞳』
『永遠と一日』
『エレニの旅』

料金:各プログラム 1,000円

(画像:© 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA))

『エレニの帰郷』 © 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA)
『エレニの帰郷』 © 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA)
『エレニの帰郷』 © 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA)
『エレニの帰郷』 © 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA)
『エレニの帰郷』 © 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA)
『エレニの帰郷』 © 2008 Theo Angelopoulos Productions Greek Film Centre Hellenic Broadcasting Corporation ERT S.A.Classic Srl Lichtmeer Film GMBH & CO KG Studio ARS (RUSSIA)
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら