ニュース

松尾貴史と松永玲子の演劇ユニット「π*π」、第1回公演は二人芝居『マーブル』

松尾貴史と松永玲子(ナイロン100℃)による演劇ユニット「π*π」による2人芝居『マーブル』が、1月23日から東京・下北沢の小劇場楽園で上演される。

数々の舞台で共演してきた盟友である松尾と松永が新たに立ち上げた同ユニットは、毎回様々な演出家とタッグを組んで、「π」のように割り切れない2人のキャストを調理してもらうというコンセプトで活動。

π*πの第1回公演となる『マーブル』では、「視点を変えると毎日がお祭りになる」をコンセプトに、様々な社会派テーマをアートな視点から舞台上演を続けている「劇団東京フェスティバル」を主宰するきたむらけんじが脚本・演出を担当。実在した「流しの写真屋」こと故・渡辺克巳と、渡辺が足繁く通った新宿ゴールデン街でのエピソードをヒントに、一筋縄ではいかない虚実入り交じる大人の物語を描くという。チケットは現在発売中。

イベント情報

π*π
『マーブル』

2014年1月23日(木)~1月27日(月)全8公演
会場:東京都 下北沢 小劇場 楽園
作・演出:きたむらけんじ(劇団東京フェスティバル主宰)
出演:
松尾貴史
松永玲子
料金:4,800円

(画像上:π*π『マーブル』イメージビジュアル、画像下:左から松尾貴史、松永玲子)

π*π『マーブル』イメージビジュアル
π*π『マーブル』イメージビジュアル
左から松尾貴史、松永玲子
左から松尾貴史、松永玲子
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー