ニュース

村上春樹×蜷川幸雄の舞台『海辺のカフカ』が再演、新キャストに宮沢りえ、藤木直人

蜷川幸雄演出による舞台『海辺のカフカ』が、6月から新キャストで再演されることがわかった。

同作は、2002年に刊行された村上春樹の同名小説をもとにした舞台作品。2012年の初演では、蜷川幸雄が視覚的な仕掛けを用いて村上作品の透明感溢れる世界を舞台上で表現し、大きな評判を呼んだ。

約2年ぶりの上演となる今回は、甲村記念図書館の管理をしている佐伯役に宮沢りえ、甲村記念図書館の司書・大島役に藤木直人、「世界で最もタフな15歳になる」ことを決意して、15歳の誕生日に父と過ごした家を出る少年・カフカ役にはオーディションを経て抜擢された古畑新之、カフカが高松に向かうバスで出会う美容師・さくら役に鈴木杏がキャスティングされている。さらに初演に続き、カフカにアドバイスを与えるカラス役に柿澤勇人、ナカタと道中を共にするトラック運転手・星野を高橋努、星野が高松で出会うカーネル・サンダーズを鳥山昌克、猫探しを得意とする不思議な老人・ナカタ役を木場勝己が演じる。

同作の上演スケジュールは、6月1日から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールを皮切りに、6月21日から東京・赤坂ACTシアター、6月13日から大阪・シアターBRAVA!、7月11日から福岡・北九州芸術劇場 大ホールを予定。また、2015年にはロンドン、ニューヨーク公演も開催される。


イベント情報

久光製薬カルチャー・スペシャル
『海辺のカフカ』

原作:村上春樹
脚本:フランク・ギャラティ
演出:蜷川幸雄
出演:
宮沢りえ
藤木直人
古畑新之
鈴木杏
柿澤勇人
鳥山昌克
高橋努
木場勝己
ほか

埼玉公演
2014年6月1日(日)~6月7日(土)全9公演
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
料金:S席9,800円 A席7,000円

東京公演
2014年6月21日(土)~7月5日(土)全19公演
会場:東京都 赤坂ACTシアター
料金:S席11,000円 A席8,500円

大阪公演
2014年6月13日(金)~6月16日(月)全5公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!
料金:S席12,000円

北九州公演
2014年7月11日(金)~7月13日(日)
会場:福岡県 北九州芸術劇場 大ホール
※未就学児入場不可

(画像上:宮沢りえ、画像中:藤木直人、画像下:古畑新之)

宮沢りえ
宮沢りえ
藤木直人
藤木直人
古畑新之
古畑新之
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像