ニュース

吉祥寺バウスシアターが5月末で閉館、『爆音映画祭』など有終飾るイベント開催

東京・吉祥寺の映画館・バウスシアターが5月31日に閉館することがわかった。

約30年間にわたって吉祥寺で営業を続けてきたバウスシアター。映画の枠にとどまらず、音楽や演劇、落語など、様々なジャンルを横断する個性的なプログラムが開催されてきたほか、ライブ用の機材を用いて大音量で映画を楽しむ上映スタイル「爆音上映」発祥の地としても知られており、長年にわたって愛されてきた映画館だ。

なお、同館の閉館を飾るイベント『THE LAST BAUS~さよならバウスシアター、最後の宴』が、4月26日から開催されることもあわせて発表された。同イベントではシアター1をメイン会場に据え、同館にゆかりのある作品や吉祥寺を舞台にした作品の上映を通じて30年間を振り返るプログラム『バウスを巡る映画たち』をはじめ、爆音上映イベント『第7回爆音映画祭』が開催される。さらに、映画館としての営業を終了した6月1日から、かつてのバウスシアターを思い起こさせるライブイベント『ライヴハウスバウス』が10日間にわたって開催される。

また、『第7回爆音映画祭』の上映作品リクエストが『爆音映画祭』のオフィシャルサイトで受け付けているほか、『THE LAST BAUS』の会場整理やチラシ配布、ポスター貼りなどをサポートするボランティアスタッフも募集中だ。詳細は『爆音映画祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『THE LAST BAUS~さよならバウスシアター、最後の宴』

2014年4月26日(土)~6月10日(火)
会場:東京都 吉祥寺 バウスシアター

『バウスを巡る映画たち』
2014年4月26日(土)~5月16日(金)

『第7回爆音映画祭』
2014年4月26日(土)~5月31日(土)

『ライヴハウスバウス』
2014年6月1日(日)~6月10日(火)

(画像上:吉祥寺バウスシアター(写真:鎌倉あすか)、画像下:『THE LAST BAUS~さよならバウスシアター、最後の宴』イメージビジュアル)

吉祥寺バウスシアター 写真:鎌倉あすか
吉祥寺バウスシアター 写真:鎌倉あすか
『THE LAST BAUS~さよならバウスシアター、最後の宴』イメージビジュアル
『THE LAST BAUS~さよならバウスシアター、最後の宴』イメージビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像