ニュース

唐沢寿明と福士蒼汰が共演、特撮ヒーローの「中の人」描く映画『イン・ザ・ヒーロー』

特撮ヒーローに欠かせない「スーツアクター」を題材にした映画『イン・ザ・ヒーロー』が、秋から全国で公開される。

スーツアクターとは、ヒーローや怪獣などのスーツを着用し、アクションやスタントなどの危険な状況下で優れた運動能力を発揮する俳優のこと。『イン・ザ・ヒーロー』は、ハリウッド映画のアクターすら命の危険から降板するヒーローアクション映画に挑む日本一のスーツアクター・本城渉を筆頭に、アクターたちの日常や生身の人間にスポットを当てた作品となる。

キャストには、ブルース・リーを崇拝する熱血漢・本城を演じる主演の唐沢寿明をはじめ、本城の分身を演じることになるアイドル俳優・一ノ瀬リョウ役の福士蒼汰、関西弁を駆使しながら新人を鍛える姉御キャラの大芝美咲役の黒谷友香、フェミニンな仕草が特徴のピンクのスーツアクター・海野吾郎役の寺島進が名を連ねている。


作品情報

『イン・ザ・ヒーロー』

2014年秋全国ロードショー
監督:武正晴
脚本:水野敬也、李鳳宇
出演:
唐沢寿明
福士蒼汰
黒谷友香
寺島進
ほか
配給:東映

福士蒼汰のコメント

撮影は始まったばかりでこれからの現場も凄く楽しみです。去年の11月からアクション稽古を始めたので、その成果が出せたらと思います。スーツを着てのアクションは凄く嬉しいです!衣装合わせをしたとき、強くなった気がして、戦いたいという気持ちが湧き上がってきました(笑)。仮面ライダーを演じていた頃、いろんなことを教えてもらいましたし、役者というものを実感できた場所だったので、今振り返ってヒーローをできるのは嬉しいです。知っている分、こう演じてみようかなと思ったりします。ブラックで陰がある役なので、正統派よりも演じてみたい役どころです。スーツアクターという職業に関しては、仮面ライダー当時から、一緒に作品を作っている仲間だと感じていました。ただ表にでるのは自分達だったので、みなさんの存在をもっとみんなに知って欲しいと思っていました。そして、今回の役が、自分とリンクしている部分が多いと思っています。特撮に関しては、スーツアクターの方とのやり取りなどイメージできるので、全く知らない世界というよりは、経験ある世界だから演じやすいかもしれません。唐沢さんとは初共演ですが、プロフェッショナルなのにナチュラルで着飾るところがない方なので、素敵だなと感じています。どれだけ吸収できるかが自分の中で課題です。今回の役どころはハリウッド映画を目指す俳優ですが、自分もいつかはハリウッドに限らず海外の人とお仕事してみたいです。日本人とは違う感覚で生きているし、時間の流れから違うと思うので、得るものがあるだろうし、刺激を受けたいと思っています。自分のペースで焦らずいきたいです。

寺島進のコメント

2、30年前に実際にピンクとかイエローとか、ブラジャーを付けるスーツアクターをやっていたからね、体力、気力、元気いっぱいで頑張りますよ!

(画像:©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会)

唐沢寿明(左)と福士蒼汰(右) ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
唐沢寿明(左)と福士蒼汰(右) ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
黒谷友香 ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
黒谷友香 ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
ドラゴンピンクのスーツアクター海野吾郎役を演じる寺島進 ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
ドラゴンピンクのスーツアクター海野吾郎役を演じる寺島進 ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
河合真澄役を演じる日向丈 ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
河合真澄役を演じる日向丈 ©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年