ニュース

SquarepusherとロボットバンドZ-MACHINESのコラボ盤、さらなる可能性を追究

Squarepusherとロボットバンド「Z-MACHINES」によるコラボレーション作品『Music for Robots』の国内盤が、4月5日にリリースされる。

Z-MACHINESは、超人的な速弾き性能を誇るギターロボット、人間には演奏しきれない数のバスドラム、スネア、タム、シンバルを搭載したドラムロボット、何層にも重なる鮮やかなビームを鍵盤に向けて発射するキーボードロボットの3体によって構成。昨年開催されたイベント『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』に出演したほか、『第17回文化庁メディア芸術祭』審査委員会推薦作品にも選出された。

Squarepusherは、昨年9月にコラボレーション楽曲“SAD ROBOT GOES FUNNY”がYouTubeで公開された後も日本のZ-MACHINES開発チームと可能性を追求。同作には、データのやり取りを経て完成した新曲4曲も含む全5曲が収録される。


Squarepusherのコメント

このプロジェクトを通して、私が追い求めたのは「ロボットは感情に訴える音楽を奏でることができるのか」という疑問に対する答えだ。私は以前から、コンロン・ナンカロウやリゲティ・ジェルジュの自動ピアノ作品を敬愛してきた。馴染み深い楽器が、馴染みのない方法で“操作”される状況に大きな魅力を感じる。未知と既知の遭遇は、常に魅惑的だ。かねてより私は、既存の器楽編成に対して、新鮮なアプローチを取ることの必要性を提唱してきた。同時に、新しい楽器の開発も支持している。例えば、エレクトリック・ギターが使い方によって刺激的な存在になるように、楽器や楽器法を見直すことができるからだ。 この音楽で演奏に関与しているロボット型装置は、個々の仕様により、特定の能力を発揮するが、欠落する機能もある。例えば、ギターを演奏するロボットは、どんな人間よりも早いスピードでギターを弾くことが可能だが、振幅の制御ができない。したがって、人間の演奏者向けに音楽を作曲する場合と同様、このような特性を配慮しなければならない。音楽における可能性の範囲とは、それぞれの特性に相応するものである。その結果、今回のプロジェクトでは、馴染み深い楽器が、これまで不可能だった方法で演奏されているのだ。

リリース情報

SQUAREPUSHER X Z-MACHINES
『Music for Robots』(CD)

2014年4月5日(土)発売
価格:1,620円(税込)
Warp Records / Beat Records / BRE-49

1. Remote Amber
2. Sad Robot Goes Funny
3. World Three
4. Dissolver
5. You Endless

amazonで購入する

(画像上:Squarepusher、画像下:SQUAREPUSHER X Z-MACHINES『Music for Robots』ジャケット)

Squarepusher
Squarepusher
SQUAREPUSHER X Z-MACHINES『Music for Robots』ジャケット
SQUAREPUSHER X Z-MACHINES『Music for Robots』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年