ニュース

木梨憲武の200点超えるアート作品を展示する展覧会、上野の森美術館から全国巡回

木梨憲武の個展『「木梨憲武展×20years」 INSPIRATION - その瞬間の好奇心』が、5月20日から東京・上野の森美術館で開催される。

1980年のとんねるず結成以降タレントとして活躍する一方で、アトリエを持ち、作家としても活動する木梨。パリで風景画を描くというバラエティー番組の企画をきっかけに1994年に初個展を開催し、その後も本の表紙やCDジャケットを手掛けながらこれまでに7度の個展を開催するなど、精力的に創作活動を行っている。

今回の個展では、制作を始めた1994年頃の作品から最新作まで、約20年間に制作された作品200点以上が展示される。絵画を中心に、ドローイング、映像のほか、馬券の裏や帽子に描いた作品など様々な素材や技法を用いた作品群を通して、その独創的な世界観を堪能することができる。また、ビーズ作家や映像作家、グラフィックデザイナーとのコラボレーションから生まれた作品も展示される。

なお同展は、2014年夏から2015年にかけて全国の美術館を巡回する予定。

木梨憲武のコメント

私の美術方向はINSPIRATION方面でほぼ表現しております。
2014年、上野の森からの全国美術館ツアー
全国の皆様、よろしくお願いいたします。

※記事掲載時から一部会場名表記が変更になりました。

イベント情報

『「木梨憲武展×20years」 INSPIRATION - その瞬間の好奇心』

2014年5月20日(火)~6月8日(日)
会場:東京都 上野の森美術館
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:会期中無休
料金:
当日 一般・大学生1,300円 中・高校生700円
前売 一般・大学生1,100円 中・高校生500円
※障がい者手帳をお持ちの方は無料、介護者は有料
※小学生以下入場無料

2014年7月17日(木)~8月15日(金)
会場:石川県 金沢21世紀美術館・市民ギャラリー

2014年8月20日(水)~9月28日(日)
会場:岩手県 盛岡市民文化ホール

2014年10月8日(木)~11月9日(日)
会場:兵庫県 神戸 兵庫県立美術館

2015年3月6日(金)~4月12日(日)
会場:長崎県 長崎県美術館(予定)

2015年4月17日(金)~5月24日(日)
会場:福岡県 福岡アジア美術館(予定)

(画像上から:Ladybugs landing on you / 2013年 ©NORITAKE KINASHI (size 162cm×162cm)、タイミング / 2013年 ©NORITAKE KINASHI (size 35cm×30cm)、輝 / 2011年 ©NORITAKE KINASHI (size 100cm×80.5cm)、REACH OUT HAT / 2007年 ©NORITAKE KINASHI(size 25.5cm×15cm×29.5cm)、木梨憲武、©NORITAKE KINASHI/撮影:高橋宗正)

Ladybugs landing on you / 2013年 ©NORITAKE KINASHI (size 162cm×162cm)
Ladybugs landing on you / 2013年 ©NORITAKE KINASHI (size 162cm×162cm)
タイミング / 2013年 ©NORITAKE KINASHI (size 35cm×30cm)
タイミング / 2013年 ©NORITAKE KINASHI (size 35cm×30cm)
輝 / 2011年 ©NORITAKE KINASHI (size 100cm×80.5cm)
輝 / 2011年 ©NORITAKE KINASHI (size 100cm×80.5cm)
REACH OUT HAT / 2007年 ©NORITAKE KINASHI(size 25.5cm×15cm×29.5cm)
REACH OUT HAT / 2007年 ©NORITAKE KINASHI(size 25.5cm×15cm×29.5cm)
木梨憲武
木梨憲武
©NORITAKE KINASHI/撮影:高橋宗正
©NORITAKE KINASHI/撮影:高橋宗正
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像