ニュース

元受刑者とHIV/AIDS陽性者による女性だけの劇団に密着、記録映画『トークバック』

坂上香監督によるドキュメンタリー映画『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』が、3月22日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

前作『Lifersライファーズ 終身刑を超えて』の制作後、坂上が8年を費やして完成させたという同作は、元受刑者とHIV/AIDS陽性者の女性たちによるアマチュア劇団「メデア・プロジェクト:囚われた女たちの劇場」にスポットをあてた作品。サンフランシスコの刑務所で、深刻なDVや虐待を受けた経験から犯罪を犯すに至った受刑者たちと社会を繋ぐワークショップとして1989年に始まった同劇団は、病気ではなく自殺や薬物依存、犯罪による死が後を絶たないHIV/AIDS陽性患者とのコラボレーションを2008年から行っている。

同作では、HIV陽性患者の女性の現実を描いた演目『愛の道化師と踊る』を制作した劇団メンバーたちがその過程で変容を遂げていく様子を軸に、共に世間やメディアから偏見の目にさらされ、恥に苦しむ元受刑者とHIV/AIDS陽性患者の女性たちが、芝居を通じて社会と向き合う姿が捉えられている。

なお、オフィシャルサイトでは落合恵子、上野千鶴子、角田光代、山登敬之らによるコメントが掲載されているので、あわせてチェックしてみよう。

作品情報

『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』

2014年3月22日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開
監督:坂上香
配給:out of frame

(画像:『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』)

『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像