元受刑者とHIV/AIDS陽性者による女性だけの劇団に密着、記録映画『トークバック』

坂上香監督によるドキュメンタリー映画『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』が、3月22日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

前作『Lifersライファーズ 終身刑を超えて』の制作後、坂上が8年を費やして完成させたという同作は、元受刑者とHIV/AIDS陽性者の女性たちによるアマチュア劇団「メデア・プロジェクト:囚われた女たちの劇場」にスポットをあてた作品。サンフランシスコの刑務所で、深刻なDVや虐待を受けた経験から犯罪を犯すに至った受刑者たちと社会を繋ぐワークショップとして1989年に始まった同劇団は、病気ではなく自殺や薬物依存、犯罪による死が後を絶たないHIV/AIDS陽性患者とのコラボレーションを2008年から行っている。

同作では、HIV陽性患者の女性の現実を描いた演目『愛の道化師と踊る』を制作した劇団メンバーたちがその過程で変容を遂げていく様子を軸に、共に世間やメディアから偏見の目にさらされ、恥に苦しむ元受刑者とHIV/AIDS陽性患者の女性たちが、芝居を通じて社会と向き合う姿が捉えられている。

なお、オフィシャルサイトでは落合恵子、上野千鶴子、角田光代、山登敬之らによるコメントが掲載されているので、あわせてチェックしてみよう。

作品情報

『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』

2014年3月22日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開
監督:坂上香
配給:out of frame

(画像:『TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち』)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 元受刑者とHIV/AIDS陽性者による女性だけの劇団に密着、記録映画『トークバック』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて