ニュース

思い入れから生まれる現実存在と絵を描く行為の関係性問う、谷口真人個展『Untitled』

谷口真人の個展『Untitled』が、3月1日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

漫画やアニメーション、アイドルなどキャラクター化された少女像をモチーフにしたペインティングや映像インスタレーションで注目を集めている谷口真人。現代の日本社会に広く存在する記号化されたイメージとの対話を繰り返しながら、「思い入れ」や「感情移入」によって生まれる現実存在と、絵を描く行為の関係性について考察を続けている。

谷口のこうした研究成果を結実させたのが、アクリル板と鏡を利用した絵画作品だ。鏡に映るイメージとアクリル板上に置かれた絵の具は、作家が感じている認識と実存との距離を表しており、作品の正面からは認識することのできない鏡に映る少女像と、デフォルメされた手前の絵具の関係性から、作家が繰り返す永遠の問いを見ることができる。

谷口は自らの作品について「私たちが存在すると感じる全てのものは、見て、存在すると感じた瞬間に、“イメージ”になる。それは記憶や印象、ビジュアルという意味でのイメージなどが混ざったような自分にしかわからないもの。それが確かにあることを確認しようと、絵を描いたり物をつくったりしてなんとか目の前にあらわそうとする。そのように目には見えないけど確かにある内なる“イメージ”を描こうとする時、その存在の儚さやまぶしさが沸き上がってきて、自らの生命観や“存在する”ということについて思いを至らせる」と語っている。なお、3月1日にはオープニングレセプションが行われる。

イベント情報

谷口真人 『Untitled』

2014年3月1日(土)~3月29日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝祭日
料金:無料

(画像上から:Untitled, 2013, 760 x 543 x 130 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 250 x 185 x 55 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 630 x 535 x 125 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA)

Untitled, 2013, 760 x 543 x 130 mm, 
acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2013, 760 x 543 x 130 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 250 x 185 x 55 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 250 x 185 x 55 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 630 x 535 x 125 mm, 
acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 630 x 535 x 125 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く