ニュース

思い入れから生まれる現実存在と絵を描く行為の関係性問う、谷口真人個展『Untitled』

谷口真人の個展『Untitled』が、3月1日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

漫画やアニメーション、アイドルなどキャラクター化された少女像をモチーフにしたペインティングや映像インスタレーションで注目を集めている谷口真人。現代の日本社会に広く存在する記号化されたイメージとの対話を繰り返しながら、「思い入れ」や「感情移入」によって生まれる現実存在と、絵を描く行為の関係性について考察を続けている。

谷口のこうした研究成果を結実させたのが、アクリル板と鏡を利用した絵画作品だ。鏡に映るイメージとアクリル板上に置かれた絵の具は、作家が感じている認識と実存との距離を表しており、作品の正面からは認識することのできない鏡に映る少女像と、デフォルメされた手前の絵具の関係性から、作家が繰り返す永遠の問いを見ることができる。

谷口は自らの作品について「私たちが存在すると感じる全てのものは、見て、存在すると感じた瞬間に、“イメージ”になる。それは記憶や印象、ビジュアルという意味でのイメージなどが混ざったような自分にしかわからないもの。それが確かにあることを確認しようと、絵を描いたり物をつくったりしてなんとか目の前にあらわそうとする。そのように目には見えないけど確かにある内なる“イメージ”を描こうとする時、その存在の儚さやまぶしさが沸き上がってきて、自らの生命観や“存在する”ということについて思いを至らせる」と語っている。なお、3月1日にはオープニングレセプションが行われる。

イベント情報

谷口真人 『Untitled』

2014年3月1日(土)~3月29日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝祭日
料金:無料

(画像上から:Untitled, 2013, 760 x 543 x 130 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 250 x 185 x 55 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 630 x 535 x 125 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA)

Untitled, 2013, 760 x 543 x 130 mm, 
acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2013, 760 x 543 x 130 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 250 x 185 x 55 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 250 x 185 x 55 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 630 x 535 x 125 mm, 
acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
Untitled, 2014, 630 x 535 x 125 mm, acrylic, grease pencil, acrylic board, wooden frame, mirror ©Makoto Taniguchi Courtesy of NANZUKA
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像