ニュース

ユーモアや喜びも写した「人間・キャパ」に迫る『101年目のロバート・キャパ』展

写真家ロバート・キャパの展覧会『101年目のロバート・キャパ - 誰もがボブに憧れた』が、3月22日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

1913年に生まれ、20世紀前半には世界中で各地の戦争や人々の暮らしをカメラに収めたロバート・キャパ。40年の生涯の中でスペイン戦争など5つの戦場を取材し、命がけで撮影した報道写真で知られる一方で、約7万点と言われる作品の中には、戦渦に生きる一般市民や友人、恋人たちの姿を捉えたものも多く存在する。

同展では、東京富士美術館のコレクションを中心に、キャパが戦場以外で同時代を生きる人々への共感や友人たちへの想いから撮影した作品を数多く展示するほか、キャパが戦場で地雷を踏んで死亡する間際まで使用していたカメラなども特別展示。ユーモアや生きる喜びに溢れた作品群を通して、戦場カメラマンとしてのキャパではなく、「ボブ」の愛称で親しまれた等身大のキャパを紹介するとともに、キャパ自身の人間性にも焦点を当てた展覧会になるという。

イベント情報

『101年目のロバート・キャパ - 誰もがボブに憧れた』

2014年3月22日(土)~5月11日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 地下1階展示室
時間:10:00~18:00(木・金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜、5月7日(ただし4月28日、5月5日は開館)
料金:一般1,100円 学生900円 中高生・65歳以上700円
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料

(画像上:前線に向かう前に、女性に別れを告げる共和国軍の兵士 スペイン、バルセロナ 1936年8月 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos、画像中:空襲警報が鳴り響く中、防空壕へと急ぐ女性 スペイン、バルセロナ 1939年1月 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos、画像下:ロバート・キャパ 1951年 ルース・オーキン撮影 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos)

前線に向かう前に、女性に別れを告げる共和国軍の兵士 スペイン、バルセロナ 1936年8月 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos
前線に向かう前に、女性に別れを告げる共和国軍の兵士 スペイン、バルセロナ 1936年8月 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos
空襲警報が鳴り響く中、防空壕へと急ぐ女性 スペイン、バルセロナ 1939年1月 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos
空襲警報が鳴り響く中、防空壕へと急ぐ女性 スペイン、バルセロナ 1939年1月 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos
ロバート・キャパ 1951年 ルース・オーキン撮影 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos
ロバート・キャパ 1951年 ルース・オーキン撮影 東京富士美術館蔵 ©International Center of Photography / Magnum Photos
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと