ニュース

コリン・ファースが戦争で心の傷負う元捕虜役で主演、『レイルウェイ』に真田広之ら

コリン・ファース主演の映画『レイルウェイ 運命の旅路』が、4月19日から東京・角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほか全国で公開される。

アメリカの『Esquire』誌でノンフィクション大賞を受賞したエリック・ローマクスの自叙伝『The Railway Man』を原作とした同作。第二次世界大戦時にタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道建設に捕虜として狩り出された時の経験から心に傷を負った退役軍人のエリックが、過去と決別するため、妻のパトリシアに支えられながら当時の悪夢に深く関係する日本人通訳・永瀬と対峙する様を描く。

主人公エリック役を演じるのはコリン・ファース。エリックを献身的に支える妻・パトリシアをニコール・キッドマン、数十年の時を経てエリックと対峙する日本人・永瀬を真田広之が演じる。監督は、これまでに数々のCMやPVを手掛け、同作が長編映画4作目となるジョナサン・テプリツキーが務めている。

作品情報

『レイルウェイ 運命の旅路』

2014年4月19日(土)から角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:ジョナサン・テプリツキー
原作:エリック・ローマクス『レイルウェイ 運命の旅路』(角川文庫刊)
出演:
コリン・ファース
ニコール・キッドマン
真田広之
ジェレミー・アーヴァイン
ステラン・スカルスガルド
石田淡朗
配給:KADOKAWA

(画像:『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia)

『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
『レイルウェイ 運命の旅路』 ©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図