ニュース

『アカデミー賞』席巻したスティーヴ・マックィーン、世界初公開の映像作品展

映像作家・映画監督のスティーヴ・マックィーンの個展が、4月26日から東京・表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催される。

3月に日本公開された最新監督作『それでも夜は明ける』で、『第86回アカデミー賞』の作品賞を含む計3部門を受賞したスティーヴ・マックィーン。映画制作を開始する以前から映像作家として活動しており、大学在籍時から数々の個展やグループ展に参加している。

極限まで無駄を省いた手法で制作され、見る者に幾通りもの解釈を委ねるマックィーンの作品。自身の身体を注意深く観察して着想を得たものや、特定の歴史的事実に対する意見を反映させたものも見られ、これまでにイギリス・ロンドンのテート・ギャラリー、アメリカのニューヨーク近代美術館、シカゴ美術館、パリのポンピドゥーセンターなどが作品を収蔵しているほか、1999年にはターナー賞を受賞している。

今回の展覧会では、エスパス ルイ・ヴィトン東京の協力のもとで制作された作品を世界初公開。これまでの作品に比べて、抽象的な特徴をもつ作品は、独特の世界観や映像美を通して鑑賞者の感覚に訴え、新たな自己の発見に誘うという。

イベント情報

スティーヴ・マックィーン展

2014年4月26日(土)~8月17日(日)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京
時間:12:00~20:00
休館日:不定休
料金:無料

(画像上:『スティーヴ・マックィーン展』メインビジュアル Graphic by ©Hideki Inaba, 2014、画像下:スティーヴ・マックィーン Photo credit: Thierry Bal)

『スティーヴ・マックィーン展』メインビジュアル Graphic by ©Hideki Inaba, 2014
『スティーヴ・マックィーン展』メインビジュアル Graphic by ©Hideki Inaba, 2014
スティーヴ・マックィーン Photo credit: Thierry Bal
スティーヴ・マックィーン Photo credit: Thierry Bal
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に