滝沢朋恵の1stアルバムはカメラ=万年筆佐藤プロデュースの『私、粉になって』

女性シンガーソングライター・滝沢朋恵の1stアルバム『私、粉になって』が、本日4月23日にリリースされた。

2011年からソロで音楽活動を展開している北海道出身の滝沢。武蔵野美術大学を2013年度に卒業し、主に神奈川・黄金町の試聴室や東京・高円寺の円盤などでライブを行っている。

滝沢にとって初アルバムとなる同作は、プロデューサーに佐藤優介(カメラ=万年筆)を迎えており、真摯でストイックな歌声と懐かしさを感じるソングライティングが印象に残る作品に仕上がっている。

なお同作は、柴田聡子らの作品をリリースしているアナログレコード専門レーベル「なりすレコード」の姉妹レーベルとして発足した「なりすコンパクト・ディスク」の第1弾作品となる。

リリース情報

滝沢朋恵
『私、粉になって』(CD)

2014年4月23日(水)発売
価格:2,160円(税込)
なりすコンパクト・ディスク / HYCA-3042

1. とき
2. 知らない人
3. 帰り道
4. ワルツ
5. わすれもの
6. 本の中
7. おねがいごと
8. GYPSY
9. おわらない恋の歌
10. 曇った海辺

amazonで購入する

(画像上:滝沢朋恵『私、粉になって』ジャケット、画像下:滝沢朋恵)

  • HOME
  • Music
  • 滝沢朋恵の1stアルバムはカメラ=万年筆佐藤プロデュースの『私、粉になって』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて