タイポグラフィ専門誌『TYPOGRAPHY』最新号に文字を楽しく学ぶ入門特集

タイポグラフィの基礎知識を紹介する特集記事「楽しく学ぶ文字入門」が、本日5月9日発売の文字デザイン専門誌『TYPOGRAPHY 05』に掲載されている。

同特集では、タイポグラフィを書体や文字組、情報などの分野ごとに紹介。和文書体と欧文書体の違いや、それぞれの書体から受ける印象が異なる理由、定番書体、書体の見分け方といったテーマを、漫画やすごろくなども交えながら紐解いていく。

また、第2特集「文字をめぐる旅」では、地元在住のタイポグラファーやカリグラファーがベルリン、ライプチヒ、ロンドンにある文字関係の博物館、ショップなどのおすすめスポットを紹介する。さらに専用書体特集では、ソニーや日本デザインコミッティー、アムステルダム国立美術館の専用書体にスポットを当てる。連載記事の執筆陣には小林章、ヤマダコウスケ、渡部千春、akira1975、竹下直幸、麥倉聖子、コントヨコらが名を連ねている。


書籍情報

『TYPOGRAPHY 05』

2014年5月9日(金)発売
価格:2,160円(税込)
発行:グラフィック社

amazonで購入する

(画像:『TYPOGRAPHY 05』)

  • HOME
  • Book
  • タイポグラフィ専門誌『TYPOGRAPHY』最新号に文字を楽しく学ぶ入門特集

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて