ニュース

三回忌迎える元MUTE BEATのベーシスト松永孝義、未発表ライブ盤&レコ発公演

松永孝義のライブアルバム『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』が6月18日にリリースされる。

2012年に肺炎で逝去した松永は、ダブバンドMUTE BEATのベーシストとして知られ、数多くのアーティストに影響を与えたミュージシャン。ライブアルバム『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』は、唯一のソロアルバム『The Main Man』のリリースをきっかけに結成された松永のリーダーバンド「The Main Man Special Band」による未発表ライブ音源を収録した作品となる。収録テイクや選曲はバンドメンバーが担当し、ライナーノーツはこだま和文(ex.MUTE BEAT)が書き下ろしている。アルバムタイトルは松竹谷清(ex.TOMATOS)が命名した。

なお、同作のリリースを記念したライブが、松永の三回忌の前日にあたる7月11日に東京・西麻布の新世界で開催。当日出演する松永孝義 The Main Man Special Bandのメンバーは、桜井芳樹(Gt)、増井朗人(Trb)、矢口博康(Sax,Cl)、福島ピート幹夫(Sax)、エマーソン北村(Key,Cho)、井ノ浦英雄(Dr,Per)、ANNSAN(Per)、松永希(宮武希)(Vo, Cho)、ayako_HaLo(Cho)となる。また、ゲストミュージシャンとして松竹谷清(Vo,Gt) 、ピアニカ前田(Pianica)、Lagoon/山内雄喜(Slack-key.Gt)、田村玄一(Steel.Gt)が参加する。チケット予約は現在受付中。

※記事掲載時、公演日程に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

リリース情報

松永孝義
『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』(CD)

2014年6月18日(水)発売
価格:2,700円(税込)
Precious Precious Records / PPRS-0227

1. Momma Mo Akoma Ntutu(Yao Boye. Nathaniel Akwesi Abeka)
2. Jazzy(Willie Colon)
3. Caminando Despasio(大原裕)
4. Two-Step(松竹谷清)
5. Pua Lililehua(Mary Kawena Pukui. Kahauanu Lake)
6. Malaika
7. Dali Ngiyakuthanda Bati Ha-Ha-Ha(George Sibanda)
8. よろしく(大原裕)
9. Walk Slowly(大原裕)
10. メンバー紹介
11. Africa(Rico Rodriguez)
12. Hip Hug Her(Cropper. Dunn. Jackson. Jones)
13. Two-Step(Astro Hall 2004)
14. La Cumparsita(Gerardo Matos Rodríguez)
15. Momma Mo Akoma Ntutu(Shinsekai 2011)

amazonで購入する

イベント情報

松永孝義 三回忌ライブ
松永孝義 The Main Man Special Band『QUARTER NOTE』CD発売記念ライブ

2014年7月11日(金)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 西麻布 新世界
出演:松永孝義 The Main Man Special Band(桜井芳樹[Gt]、増井朗人[Trb]、矢口博康[Sax,Cl]、福島ピート幹夫[Sax]、エマーソン北村[Key,Cho]、井ノ浦英雄[Dr,Per]、ANNSAN[Per]、松永希[宮武希][Vo,Cho]、ayako_HaLo[Cho])
ゲスト:
松竹谷清(Vo,Gt)
ピアニカ前田(Pianica)
Lagoon/山内雄喜(Slack-key.Gt)
田村玄一(Steel.Gt)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

(画像上:松永孝義、画像下:松永孝義『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』ジャケット)

松永孝義
松永孝義
松永孝義『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』ジャケット
松永孝義『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年