ECD新作は「自分語りじゃない」ラップアルバム『FJCD-015』、全曲試聴&限定割引も

ECDのニューアルバム『FJCD-015』が、6月4日にリリースされる。

ECDにとって16枚目のアルバムとなる『FJCD-015』。客演を迎えずに制作された同作は、パーソナルなリリックをラップする近年の作品とは一線を画し、「自分じゃないキャラクターだったり、自分語りじゃないラップ」曲を多く収録したアグレッシブなラップアルバムになっているという。エンジニアは、これまでの作品同様illicit tsuboiが務めている。

なお、本日5月28日からiTunes Storeで同作の全曲試聴および予約がスタート。同ストアで予約すると、発売後に通常価格よりもリーズナブルな1,500円で購入することができる。

リリース情報

ECD
『FJCD-015』(CD)

2014年6月4日(水)発売
価格:2,700円(税込)
Final Junky / FJCD-015

1. When I retire
2. エキスパンダー
3. ランナウェイ
4. ヒップホップワルツ
5. 止めたってムダ
6. ECD 一代
7. ECD のジャスト ア フレンド
8. S・P・Y
9. メッセージ・イン・ア・ボトル
10. 赤い激流

amazonで購入する

(画像上:ECD『FJCD-015』ジャケット、画像下:ECD フォトクレジット:植本一子)

  • HOME
  • Music
  • ECD新作は「自分語りじゃない」ラップアルバム『FJCD-015』、全曲試聴&限定割引も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて