ニュース

ミュージカル喜劇『天才執事 ジーヴス』日本上陸、ウエンツ瑛士&里見浩太朗が初タッグ

ミュージカル『天才執事 ジーヴス』が、7月4日から東京・日比谷の日生劇場で上演される。

同作は、P.G.ウッドハウスの小説をもとに作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーと劇作家アラン・エイクボーンにより1975年に制作されたミュージカルの日本版。『By Jeeves』は1996年にイギリス・ロンドンで再演され、以後アメリカのブロードウェイでも上演されている。

『天才執事 ジーヴス』の物語は、チャリティーコンサートで演奏を披露しようとした矢先に、主人公のバーティ・ウースターの使う予定だったバンジョーがフライパンにすり替えられていたことから、バーティに仕える執事ジーヴスの提案で、会場にある限られた備品を使って自分の体験を再現する即興劇を行うことになる、というもの。

同作で有閑貴族の主人公バーティを演じるのは、ウエンツ瑛士。賢く冷静な「天才執事」のジーヴスは里見浩太朗が演じる。さらに、高橋愛、なだぎ武、右近健一、エハラマサヒロ、入来茉里、つぶやきシロー、樹里咲穂、モト冬樹らがキャストに名を連ねている。演出は、『カプレーティ家とモンテッキ家』『ペレアスとメリザンド』などのオペラの演出や、野田秀樹演出『パイパー』、蜷川幸雄演出『欲望という名の電車』といった作品のプロダクションにも参加する田尾下哲が手掛ける。

イベント情報

ミュージカル『天才執事 ジーヴス』

2014年7月4日(金)~7月13日(日)全12公演
会場:東京都 日比谷 日生劇場
原作:P.G.ウッドハウス
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
脚本・作詞:アラン・エイクボーン
演出:田尾下哲
出演:
ウエンツ瑛士
高橋愛
なだぎ武
右近健一
エハラマサヒロ
入来茉里
つぶやきシロー
樹里咲穂
モト冬樹
里見浩太朗

里見浩太朗とウエンツ瑛士
里見浩太朗とウエンツ瑛士
里見浩太朗とウエンツ瑛士
里見浩太朗とウエンツ瑛士
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業