「版画」の枠を越えた表現続ける国内外12作家を紹介、『プリントって何?』展

版画をテーマにした展覧会『プリントって何?―境界を超えて―』が、6月21日から千葉・市原の市原湖畔美術館で開催される。

同展では、現代における「プリント=版」という概念に注目。版画を表現の基盤としながらも新たな可能性を追究し、「版画」という言葉の枠を越えた表現を続ける12作家の作品約40点を紹介する。

参加作家は、コムデギャルソンとのコラボレーションで制作した映像作品やパブリックアートなどで知られる中西信洋、『VOCA展2014』で佳作賞を受賞した大坂秩加、2009年『第3回 shiseido art egg』入選の小野耕石、昨年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』でインドネシア館の代表を務めたエコ・ヌグロホ、2009年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』で韓国館の代表を務めたヤン・ヘギュら。なお、同展に参加する海外作家は、アジア最大級の製紙工場を持つシンガポールの版工房「Singapore Tyler Print Institute」(STPI)の協力によって制作された作品を出展する。

会期初日には、参加作家やSTPIのレジストラー・シニアプリンターの岩崎玉江らが出演するアーティストトークが行われる。

イベント情報

『プリントって何?―境界を超えて―』

2014年6月21日(土)~9月15日(月・祝)
会場:千葉県 市原湖畔美術館
時間:月~金曜10:00~17:00、土曜・祝前日9:30~19:00、日・祝日9:30~18:00
参加作家:
大坂秩加
大西伸明
小野耕石
斉藤里香
中西信洋
エコ・ヌグロホ
ロナルド・ベントゥラ
元田久治
ヤン・ヘギュ
湯浅克俊
リ・ソミ
リン・テンミャオ
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜)
料金:一般700円 大高生・65歳以上500円
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介添者1名は無料

アーティストトーク
2014年6月21日(土)14:00~15:30
会場:千葉県 市原湖畔美術館 多目的ホール
出演:
大坂秩加
大西伸明
小野耕石
斉藤里香
中西信洋
湯浅克俊
岩崎玉江(STPIレジストラー、シニアプリンター)
モデレーター:花房太一
料金:無料(要展覧会チケット)

  • HOME
  • Art,Design
  • 「版画」の枠を越えた表現続ける国内外12作家を紹介、『プリントって何?』展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて