布袋寅泰が実写版『ルパン三世』にテーマ曲提供、書き下ろしの“TRICK ATTACK”

布袋寅泰が、8月30日から全国東宝系で公開される映画『ルパン三世』のメインテーマ曲を手掛けていることが明らかになった。

布袋が手掛ける同作のメインテーマ曲は“TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-”。映画の脚本とラフ映像を見て布袋が書き下ろした5曲の中から選出されたものだという。ミックスエンジニアには、『ダークナイト ライジング』や『アメイジングスパイダーマン2』などのサウンドトラックのプロデュース、プログラミング、ミックスを手掛けたスティーヴ・リプソンを迎えている。

同曲が使用された映画の予告編は、6月28日から順次全国の劇場で公開予定。なお、布袋はこれまでに『SF サムライ・フィクション』『新・仁義なき戦い。』『RED SHADOW 赤影』『KT』といった作品に、書き下ろしのメインテーマ曲を提供している。

『ルパン三世』は、モンキー・パンチにより1967年から『漫画アクション』で連載され、1971年に初めてアニメ化された同名漫画をもとにした実写映画。「所有者は世界を統べる」という宝物を収蔵する超巨大要塞型金庫「ナヴァロンの箱舟」の強固なセキュリティーにルパンたちが挑む様を通して、ルパン、次元、五ェ門、不二子らがいかにして無敵のチームを結成したかを描く。監督を務めるのは、『あずみ』『ゴジラ FINAL WARS』で知られ、現在はハリウッドで活動する北村龍平。

布袋寅泰のコメント

子供の頃からルパンを観て育った世代として、こうして音楽家として「ルパン三世」に関われるのは大変光栄であると同時に、大きなプレッシャーを背負うものだ。しかしプレッシャーは活かせば力となる。「新・仁義なき戦いのテーマ」を断っていたらタランティーノ監督との出会いはなかった。バットマンやスパイダーマンを手掛けたスティーヴ・リプソン氏と共に大胆でスピード感溢れる極上のテーマ曲が仕上がった。期待してほしい。

小栗旬のコメント

僕たちも一生懸命試行錯誤して作り上げた実写版のルパン三世に、布袋さんも一緒になって下さって新しいテーマ曲へのチャレンジはとても心強く、有難く。そうしてできたこの楽曲は、これがニュールパン三世だ、と胸を張れる新しい息吹を作品に吹き込んでくれるテーマ曲となりました。皆さんにも迎え入れて頂けると期待しています。

作品情報

『ルパン三世』

2014年8月30日(土)から全国公開
監督:北村龍平
脚本:水島力也
原作:モンキー・パンチ
メインテーマ:布袋寅泰“TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-”
出演:
小栗旬
玉山鉄二
綾野剛
黒木メイサ
浅野忠信
ジェリー・イェン
キム・ジュン
タナーヨング・ウォンタクーン
ニルット・シリチャンヤー
ニック・テイト
配給:東宝

  • HOME
  • Music
  • 布袋寅泰が実写版『ルパン三世』にテーマ曲提供、書き下ろしの“TRICK ATTACK”

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて