ニュース

鈴木康広の個展『近所の地球』、代表作や新作を展示&パブリックプロジェクトも

鈴木康広の個展『近所の地球』が8月2日から茨城の水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催される。

1979年生まれの鈴木は、日常で見落としてしまいそうなものや自然現象を別のものに見立て、見る者の記憶を呼び起こすような共感を生む作品を制作している。2003年の作品『まばたきの葉』や、2009年にアートディレクションを担当した羽田空港の『空気の港』で発表した『出発の星座』、2010年に『瀬戸内国際芸術祭』で発表した航跡をファスナーに見立てた作品『ファスナーの船』、2011年に静岡・浜松市美術館で開催した展覧会に際して制作した、商店街の店内にパラパラマンガを展示する『パラパラマンガ商店街』など、美術館での展覧会のみならず数々のパブリックアートなどでも知られている。

『近所の地球』展では、『まばたきの葉』をはじめとする鈴木の代表作や、『地球の中心を指すコップ』『器の人』『気球の人』といった新作に加え、鈴木が普段使用している約300冊のノートから同展に関係するページを展示した空間『記憶をめくる人』、東京大学先端科学技術研究センター内の鈴木のアトリエを再構成し、作品制作のプロセスを再現した『鈴木康広の研究室』といったインスタレーションも展示。さらに、水戸市の商店街では『パラパラマンガ商店街 in 水戸』を展開し、水戸市街を新しい視点から表現する。なお、同展のタイトル「近所の地球」は、身近な「近所」に身を置きながら、地球というもっと大きなものに繋がろうとするという、鈴木の制作の基本となる考え方を表している。

会期中は、鈴木が落語家の柳家花緑と共に展示室を巡るギャラリートークや、鈴木によるアーティストトークといった関連イベントも開催される。

鈴木康広展『近所の地球』招待券をプレゼント

鈴木康広展『近所の地球』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年7月7日)

イベント情報

鈴木康広展
『近所の地球』

2014年8月2日(土)~10月19日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(ただし9月15日、10月13日は開館、9月16日、10月14日は休館)
料金:一般800円
※中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名は無料

柳家花緑×鈴木康広ギャラリートーク
『お見立て』

2014年8月12日(火)14:00~15:30
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー
出演:
柳家花緑
鈴木康広
料金:無料(要展覧会チケット)
※予約不要

アーティストトーク
2014年9月20日(土)14:00~15:30
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー
出演:鈴木康広
料金:無料(要展覧会チケット)
※予約不要

中心市街地活性化事業
『パラパラマンガ商店街 in 水戸』

2014年8月~10月
会場:茨城県 水戸市中心市街地、水戸芸術館

鈴木康広『気球の人』 2014年
鈴木康広『気球の人』 2014年
鈴木康広『ファスナーの船』 2010年
鈴木康広『ファスナーの船』 2010年
鈴木康広『水平線を描く鉛筆』 ドローイング 2002年
鈴木康広『水平線を描く鉛筆』 ドローイング 2002年
鈴木康広『まばたきの葉』 2003年 photo:Katsuhiro Ichikawa, Courtesy of SPIRAL/Wacoal Art Center
鈴木康広『まばたきの葉』 2003年 photo:Katsuhiro Ichikawa, Courtesy of SPIRAL/Wacoal Art Center
鈴木康広『大きな空気の人』 2009年
鈴木康広『大きな空気の人』 2009年
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年