ニュース

200人限定のキャンプ場アンビエント宴の最終出演者発表、全16組出揃う

野外音楽イベント『CAMP Off-Tone 2014』が、9月20日と21日に山梨・甲府のマウントピア黒平で開催。同イベントの最終出演者が発表された。

アンビエントサウンドにフォーカスした同イベントは、キャンプ場を舞台に200人限定で開催。会場は屋外の「Outer Space」と屋内の「Inner Space」の2フロアで構成される。

今回出演が明らかになったのは、「Outer Space」でライブを行うShigefumi Wada、CD HATA&Koyas、Sound Furniture、DJとして出演するfishu、Matsusaka Daisuke、「Inner Space」でライブを行う今西玲子、kazuya matsumoto、山本コヲジ、DJとして出演するMichihiro Sotomura、 morrissy、Yoshinori Saitoの11組。すでに発表されていたKaito aka Hiroshi Watanabe、Chihei Hatakeyama&Hakobune、イアン・オブライアンらとあわせて全16組の出演者が出揃った。チケットは現在発売中。

イベント情報

『CAMP Off-Tone 2014』

2014年9月20日(土)、9月21日(日)OPEN 15:00 / START 17:00 / CLOSE 翌10:00予定
会場:山梨県 甲府 秩父多摩甲斐国立公園内 マウントピア黒平
出演:
[Outer Space]
ライブ:
Kaito aka Hiroshi Watanabe
Chihei Hatakeyama&Hakobune
Shigefumi Wada
CD HATA&Koyas
Sound Furniture
DJ:
Ian o'Brien
DJ 蟻 [ari] a.k.a.SoniCouture
Ko Umehara
fishu
Matsusaka Daisuke
[Inner Space]
ライブ:
今西玲子
kazuya matsumoto
山本コヲジ
DJ:
Michihiro Sotomura
morrissy
Yoshinori Saito
料金:前売7,000円 当日9,000円

『CAMP Off-Tone 2014』メインビジュアル
『CAMP Off-Tone 2014』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像