ニュース

もう1人の自分に全てを狂わされる男の顛末、ドストエフスキー原作の映画『嗤う分身』

ジェシー・アイゼンバーグの主演映画『嗤う分身』が、11月8日から東京・渋谷のシネマライズほか全国で公開される。

フョードル・ドストエフスキーの小説『分身(二重人格)』を原作にした同作。内気で存在感が薄く、同僚や上司に馬鹿にされているサイモンと、サイモンの会社に期待の新人として入社したサイモンと全く同じ容姿を持つ男・ジェームズの関係性を軸に、要領が良く女性にも人気のジェームスのペースにサイモンが翻弄されていき、やがて思いもよらない事態に巻き込まれていく様をダークユーモアとロマンスを織り交ぜて描く。

主人公のサイモンと、サイモンと同じ容姿のジェームスの2役を演じるのは主演映画『ソーシャル・ネットワーク』などで知られるジェシー・アイゼンバーグ。サイモンが密かに想いを寄せる会社のコピー係・ハナを『アリス・イン・ワンダーランド』『イノセント・ガーデン』などのミア・ワシコウスカが演じる。

監督・脚本を手掛けたのは、2010年の『サブマリン』に続き、同作が2作目の長編映画となるリチャード・アイオアディ。さらに、共同脚本に映画『ミスター・ロンリー』の脚本にも参加しているハーモニー・コリンの弟、アヴィ・コリンが名を連ねているほか、製作総指揮としてマイケル・ケインが参加している。なお同作では、劇中歌として坂本九やジャッキー吉川&ブルーコメッツなど、1960年代の日本の昭和歌謡が使用されている。

作品情報

『嗤う分身』

2014年11月8日(土)からシネマライズほか全国で公開
監督・共同脚本:リチャード・アイオアディ
共同脚本:アヴィ・コリン
出演:
ジェシー・アイゼンバーグ
ミア・ワシコウスカ
ウォーレス・ショーン
ヤスミン・ペイジ
ノア・テイラー
配給:エスパース・サロウ

『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
『嗤う分身』 ©Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像