ニュース

坂口恭平の新刊『徘徊タクシー』、徘徊老人を時空を超えて目的地に届ける青春小説

坂口恭平の小説『徘徊タクシー』が、本日7月31日に刊行された。

路上生活者の住居を観察する中で見出した独自の住居論を自ら実践するほか、震災の避難所「ゼロセンター」と共に立ち上げた新政府の初代内閣総理大臣として多彩な活動を展開する坂口恭平。『0円ハウス』『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』『独立国家のつくりかた』などの著書でも知られている。

『第27回三島由紀夫賞』の候補作となった『徘徊タクシー』は、故郷・熊本で認知症の曽祖母・トキヲと再会した主人公が、徘徊老人たちが記憶の中にある場所を目指していることに気づき、時空を超えて無事に目的地に届ける「徘徊タクシー」という事業を思いつくというあらすじ。土地に堆積した時間と視線を浮かびあがらせ、世界の見方を変えることで現実を多様に捉えることが出来るという坂口のビジョンを示すとともに、爽やかな読後感をもった青春小説に仕上がっている。

書籍情報

『徘徊タクシー』

2014年7月31日(木)発売
著書:坂口恭平
価格:1,404円(税込)
発行:新潮社

amazonで購入する

坂口恭平『徘徊タクシー』表紙
坂口恭平『徘徊タクシー』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告