ニュース

『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』展が都現美で開催、体験型展示や小道具など初公開

『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』展が、9月27日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

ミシェル・ゴンドリーは、音とシンクロして流れる車窓の景色や、劇中劇のような舞台装置を大胆に使用した演出など、想像力に溢れる映像マジックで知られるフランス出身の映画監督。映像作家としての顔とアマチュア映画愛好家としての顔を持つゴンドリーの世界観に迫る同展は、ゴンドリーの映像制作として原風景を追体験できる『ホームムービー・ファクトリー』と、遊び心に満ちた映像表現を紹介する『Around the World in 19 Videos』の2部構成となる。

ゴンドリーが考案した独自の映画制作法である『ホームムービー・ファクトリー』は、喫茶店、路地裏、電車など12のセットで来場者が実際に映画作りをするワークショップ型の展示。同企画は、2008年にアメリカ・ニューヨークのダイチギャラリーで開催されて以来、世界各地を巡回しており、同展がアジア初開催となる。

『Around the World in 19 Videos』では、遠近法や鏡、逆再生など様々なアイデアを使ったゴンドリーのPVを紹介。Daft Punkの“Around The World”、Bjorkの“Hyperballad”から最新作となるMetronomyの“Love Letters”までの新旧19作をインスタレーション形式で展示する。さらに、アニメーションを交えたドキュメンタリー『背の高い男は幸せ?』のためのドローイングや、映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』『恋愛睡眠のすすめ』などの撮影で実際に使われた小道具も初公開される。

なお、会期中はゴンドリーによるアーティストトークやQ&A付き映画上映会、井口奈己監督、荻上直子監督による『ホームムービー・ファクトリー』などの関連イベントを予定。また、同展では何回でも入場できるパスポートチケットを販売し、5回目の来館時には、先着100名にゴンドリーのサイン入りグッズがプレゼントされる。

『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』招待券をプレゼント

『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年8月20日)

イベント情報

『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』

2014年9月27日(土)~2015年1月4日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(10月13日、11月3日、11月24日は開館)、10月14日、11月4日、11月25日、12月28日~2015年1月1日
料金:
一般1,000円 大学生・65歳以上800円 中高生600円
パスポートチケット 一般2,400円 大学生・65歳以上 1,900円 中高生1,400円
※小学生以下無料
※『ホームムービー・ファクトリー』は入場無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添者2名まで)は無料

Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Bernard Bisson/ JDD / SIPA, 2011, Paris, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Bernard Bisson/ JDD / SIPA, 2011, Paris, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Herve Veronese, 2011, Paris, Courtesy: Home Movie Factory Association
Photo: Herve Veronese, 2011, Paris, Courtesy: Home Movie Factory Association
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く