ニュース

藤原竜也×岡田将生の刑事ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』映画化、2015年公開

テレビドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』が映画化され、2015年1月10日から全国東宝系で公開されることがわかった。

『ST 赤と白の捜査ファイル』は、今野敏の小説『ST 警視庁科学特捜班』シリーズを原作にした日本テレビ系で放送中の連続ドラマ。警視庁の科学特捜班である「ST」を舞台に、藤原竜也が演じる天才分析官でSTのリーダー・赤城左門と、岡田将生が演じるSTの統括を任せられた気弱なエリート警部・百合根友久がぶつかり合いながらも難事件に挑む刑事ドラマになっている。

映画版には、藤原、岡田をはじめ、STのメンバーを演じる志田未来、芦名星、窪田正孝、三宅弘城や、捜査一課の刑事を演じる瀬戸朝香、田中哲司、柴本幸、林遣都、STメンバーのたまり場であるカフェ「3」のマスターで、元刑事の三枝俊郎役の渡部篤郎ら、ドラマのレギュラーキャストたちが出演する。

藤原竜也のコメント

3カ月間暑い中で共に撮影を頑張ってきたSTメンバー、そして監督はじめスタッフさんと一緒に映画も撮れることになり嬉しく思います。ドラマの中で描かれてきたSTメンバーそれぞれのエピソードや背景を踏まえて、また皆が各々の力を活かして映画の中でも活躍しますので是非ご期待ください。赤城と百合根の関係にもまた変化が見られると思います。

岡田将生のコメント

映画化ということで、またSTメンバーと事件に立ち向かいます。連ドラの時以上にメンバーがまとまって犯人を追い詰めていきますし、百合根の成長も垣間見れます。撮影が楽しみで仕方ありません。

作品情報

『ST 赤と白の捜査ファイル』

2015年1月10日(土)から全国東宝系で公開
原作:今野敏『ST 警視庁科学特捜班』シリーズ(講談社文庫)
出演:
藤原竜也
岡田将生
志田未来
芦名星
窪田正孝
三宅弘城
柴本幸
水上剣星
田中哲司
林遣都
瀬戸朝香
渡部篤郎
ほか

『ST 赤と白の捜査ファイル』 ©NTV
『ST 赤と白の捜査ファイル』 ©NTV
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」