ニュース

能年玲奈主演『海月姫』から菅田将暉の女装ビジュアル、原作・東村アキコは「超感動」

能年玲奈主演の映画『海月姫』から新ビジュアルが公開された。

今回公開されたのは、菅田将暉が演じる鯉淵蔵之介の劇中での女装姿と男装姿を捉えたビジュアル。由緒正しい政治家一族の次男でありながら、ファッションの世界で生きることを夢見る女装男子という役どころとなる。なお、菅田が劇中で着用するカラフルな女装衣装はきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子が担当しているとのこと。

ハイヒールを履いて歩く練習をして撮影にあたったという菅田は、「体型のキープや肌のことを気にして、食事や睡眠のコントロールもしました。衣装合わせのときよりもアバラの位置が上がった気がします。常に可愛く、綺麗でいるために女性は本当に大変だなと思いました」とコメント。

また原作者の東村アキコは、「蔵之介役の菅田くんは、本当にキレイで、可愛くって。メイクした姿を初めて見たときは、うちのアシスタント一同、超感動して。本当に奇跡のキャスティングだと思っています」と語っている。

同作は『Kiss』誌で連載中の東村アキコによる同名漫画が原作。オタク女子の集う男子禁制のアパート「天水館」に暮らす主人公・倉下月海や「男を必要としない人生」を掲げる天水館の住人たち「尼~ず」と蔵之介との奇妙な友情や、天水館取り壊しの危機などを描く。自信のなさからおしゃれな人や男性の前ではおどおどしてしまうクラゲオタクの主人公・月海役を能年が演じる。公開は12月27日から。


作品情報

『海月姫』

2014年12月27日(土)全国ロードショー
監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉、川村泰祐
原作:東村アキコ『海月姫』(講談社『kiss』)
出演:
能年玲奈
菅田将暉
池脇千鶴
太田莉菜
馬場園梓(アジアン)
篠原ともえ
片瀬那奈
速水もこみち
平泉成
中村倫也
内野謙太
長谷川博己
配給:アスミック・エース

菅田将暉の女装姿 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
菅田将暉の女装姿 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
菅田将暉の女装姿 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
菅田将暉の女装姿 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
菅田将暉の男装姿 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
菅田将暉の男装姿 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年