ニュース

英在住クリエイターに学ぶ「グラフィック・ストーリーテリング」、WIRED主催の講演会

ロンドン在住のアーティスト、ノーマ・バーによるレクチャー『ヴィジュアルコミュニケーションの奇才ノーマ・バーに学ぶ「グラフィック・ストーリーテリング」』が、9月10日に東京・原宿のVACANTで開催される。

イスラエル出身のノーマ・バーは、『Time Out London』『Wallpaper』『The New Yorker』といった雑誌や、Google、Nike、Sonyなどの広告ビジュアル、村上春樹の英語版書籍カバーを手掛けるなど幅広い活動を展開しているイラストレーター。1枚の絵の中に異なるものを配置し、複数の解釈を可能にしたミニマルなスタイルの作品で知られている。

バーが表紙を手掛けたこともある雑誌『WIRED』日本版が主催する同イベントでは、自身の仕事をグラフィックデザインではなく「ヴィジュアルコミュニケーション」と捉えるバーが、「グラフィック・ストーリーテリング」をテーマにレクチャー。「最小限の要素で、最大限のコミュニケーションをはかりたいと思っています」と語るバーの作品制作の姿勢について学ぶことができる。

さらに、『WIRED』日本版の表紙をはじめとする具体的な事例をもとに、バーの発想や思考の方法に迫るセッションも開催。イベント後には、バーを交えた懇親会も予定されている。イベントの参加申込は現在受付中。

イベント情報

『ヴィジュアルコミュニケーションの奇才ノーマ・バーに学ぶ「グラフィック・ストーリーテリング」』

2014年9月10日(水)
会場:東京都 原宿 VACANT
時間:19:30~21:30(19:15開場)
出演:
ノーマ・バー
若林恵(『WIRED』日本版編集長)
定員:50名
料金:5,000円(軽食とドリンク付)

ノーマ・バー作品
ノーマ・バー作品
ノーマ・バー
ノーマ・バー
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌