ニュース

『岡崎京子展』先行イベントで、桜沢エリカ、安野モヨコ、しまおまほがガールズトーク

『岡崎京子展』のプレトークが、11月1日に東京・芦花公園の世田谷文学館で開催される。

同イベントは、2015年1月24日から開催される『岡崎京子展』の先行イベント。漫画家の桜沢エリカ、安野モヨコ、しまおまほが出演し、岡崎作品の魅力について語る。参加の抽選申込は、10月18日まで受付中。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。なお、同イベントの内容は、2015年1月に平凡社から刊行される予定の同展カタログに収録されるという。同書のデザインは祖父江慎が手掛ける。

『岡崎京子展』は、『pink』『リバーズ・エッジ』『ヘルタースケルター』などの作品で知られ、1980年代から90年代の時代を象徴する漫画家の1人である岡崎の表現世界を読み解く展覧会。作品原画を中心に多彩な資料が展示される予定だ。展覧会のアートディレクションは、カタログと同様に祖父江が担当する。


イベント情報

『岡崎京子展』プレトーク
桜沢エリカ×安野モヨコ×しまおまほ

2014年11月1日(土)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 1階文学サロン
時間:15:00~16:30
出演:
桜沢エリカ
安野モヨコ
しまおまほ
定員:150名(要事前申込)
料金:1,000円

イベント情報

『岡崎京子展』

2015年1月24日(土)~3月31日(火)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)
料金:一般800円 65歳以上・高校・大学生600円 小中学生300円 障がい者手帳をお持ちの方400円

『くちびるから散弾銃』新装版(1996)表紙原画 ©岡崎京子/講談社
『くちびるから散弾銃』新装版(1996)表紙原画 ©岡崎京子/講談社
「フィール・ヤング」1995年11月号掲載 「ヘルタースケルター」より ©岡崎京子/祥伝社フィールコミックス
「フィール・ヤング」1995年11月号掲載 「ヘルタースケルター」より ©岡崎京子/祥伝社フィールコミックス
『pink』(1989)裏表紙原画 ©岡崎京子/マガジンハウス
『pink』(1989)裏表紙原画 ©岡崎京子/マガジンハウス
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で